この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

WebSocket クラス

.NET Framework (current version)
 

公開日: 2016年10月

WebSocket のアップグレードが完了した後、WebSocket クラスにより、アプリケーションがデータを送受信できるようになります。

名前空間:   System.Net.WebSockets
アセンブリ:  System (System.dll 内)


public abstract class WebSocket : IDisposable

名前説明
System_CAPS_protmethodWebSocket()

WebSocket クラスのインスタンスを作成します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCloseStatus

リモート エンドポイントが終了ハンドシェイクを開始した理由を示します。

System_CAPS_pubpropertyCloseStatusDescription

リモート エンドポイントが接続の終了理由を記述できるようにします。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticDefaultKeepAliveInterval

ミリ秒単位で既定の WebSocket プロトコル keep alive 間隔を取得します。

System_CAPS_pubpropertyState

WebSocket 接続の現在の状態を返します。

System_CAPS_pubpropertySubProtocol

開始ハンドシェイクでネゴシエートされたサブプロトコル。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAbort()

WebSocket 接続を中止し、保留中の IO 操作を取り消します。

System_CAPS_pubmethodCloseAsync(WebSocketCloseStatus, String, CancellationToken)

WebSocket プロトコル仕様 セクション 7 で定義されている終了ハンドシェイクを使用して、非同期操作で WebSocket 接続を閉じます。

System_CAPS_pubmethodCloseOutputAsync(WebSocketCloseStatus, String, CancellationToken)

WebSocket プロトコル仕様のセクション 7 で定義されている終了ハンドシェイクを開始または完了します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateClientBuffer(Int32, Int32)

クライアントでこれを使用するバッファーの作成 WebSocket インスタンス。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateClientWebSocket(Stream, String, Int32, Int32, TimeSpan, Boolean, ArraySegment<Byte>)

この API は、.NET Framework インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

フレームの目的で、WSPC を使用するクライアント側の WebSocket クラスを作成する呼び出し元を許可します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateServerBuffer(Int32)

WebSocket server バッファーを作成します。

System_CAPS_pubmethodDispose()

ASP.NET および自己ホスト型の実装のアンマネージ リソースをクリーンアップするために使用します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticIsApplicationTargeting45()

互換性のために残されています。WebSocket のインスタンスが対象とするかどうかを表す値を返します .NET Framework 4.5します。

System_CAPS_protmethodSystem_CAPS_staticIsStateTerminal(WebSocketState)

WebSocket インスタンスの状態が閉じているか、中止されたかどうかを示す値を返します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReceiveAsync(ArraySegment<Byte>, CancellationToken)

WebSocket 接続からデータを非同期的に受信します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRegisterPrefixes()

この API は、.NET Framework インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。 WebSocket 要求 (ws および wss) のプレフィックスを登録する呼び出し元を許可します。

System_CAPS_pubmethodSendAsync(ArraySegment<Byte>, WebSocketMessageType, Boolean, CancellationToken)

WebSocket 接続でデータを非同期的に送信します。

System_CAPS_protmethodSystem_CAPS_staticThrowOnInvalidState(WebSocketState, WebSocketState[])

接続が予測される状態のことを確認します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

Some of the classes in the N:System.Net.WebSockets namespace are supported on Windows 7, Windows Vista SP2, and Windows Server 2008. However, the only public implementations of client and server WebSockets are supported on Windows 8 and Windows Server 2012. The classes and class elements in the N:System.Net.WebSockets namespace that are supported on Windows 7, Windows Vista SP2, and Windows Server 2008 are abstract classes. This allows an application developer to inherit and extend these abstract classes with an actual implementation of client WebSockets.

.NET Framework
4.5 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: