この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

WebClient.BaseAddress プロパティ

 

公開日: 2016年10月

取得または設定によって行われる要求のベース URI、 WebClientです。

名前空間:   System.Net
アセンブリ:  System (System.dll 内)

public string BaseAddress { get; set; }

プロパティ値

Type: System.String

A String による要求のベース URI を含む、 WebClient または Empty ベース アドレスが指定されていない場合。

Exception Condition
ArgumentException

BaseAddress 無効な URI に設定されます。 内部例外、エラーを特定するのに役立つ情報があります。

BaseAddress プロパティには、相対アドレスと組み合わせて使用するベース URI が含まれています。 アップロードするか、データをダウンロードするメソッドを呼び出すときに、 WebClient オブジェクトでは、このベース URI を組み合わせたメソッドの呼び出しで指定した相対アドレスを使用します。 場合は、絶対 URI を指定する WebClient 使用しない、 BaseAddress プロパティの値。

以前の設定を削除する値には、このプロパティを設定 null または空の文字列 ("") です。

次のコード例では、インターネット サーバーからデータをダウンロードし、コンソールに表示します。 (Http://www.contoso.com など)、サーバーのアドレスがであると想定して hostUri こと (/default.htm) などのリソースへのパスが uriSuffixです。

// Create a new WebClient instance.
WebClient myWebClient = new WebClient();

// Set the BaseAddress of the Web Resource in the WebClient.
myWebClient.BaseAddress = hostUri;
Console.WriteLine("Downloading from " + hostUri + "/" + uriSuffix);
Console.WriteLine("\nPress Enter key to continue");
Console.ReadLine();	

// Download the target Web Resource into a byte array.
byte[] myDatabuffer = myWebClient.DownloadData (uriSuffix);

// Display the downloaded data.
string download = Encoding.ASCII.GetString(myDatabuffer);
Console.WriteLine(download);

Console.WriteLine("Download of " + myWebClient.BaseAddress.ToString() + uriSuffix + " was successful.");

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: