このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

WebClient クラス

URI で識別されるリソースとのデータの送受信用の共通のメソッドを提供します。

名前空間: System.Net
アセンブリ: System (system.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)] 
public class WebClient : Component
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */ 
public class WebClient extends Component
ComVisibleAttribute(true) 
public class WebClient extends Component

WebClient クラスは、URI で識別されるローカル、イントラネット、またはインターネットの各リソースとのデータの送受信用の共通のメソッドを提供します。

WebClient クラスは、WebRequest クラスを使用してリソースにアクセスできるようにします。WebClient インスタンスは、WebRequest.RegisterPrefix メソッドで登録した WebRequest の子孫を使用してデータにアクセスできます。

メモメモ

既定では、.NET Framework は、http:https:、ftp:、および file: の各スキーム識別子で始まる URI をサポートします。

リソースにデータをアップロードするための WebClient のメソッドを次の表に示します。

メソッド

説明

OpenWrite

リソースにデータを送信するために使用する Stream を取得します。

OpenWriteAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースにデータを送信するために使用する Stream を取得します。

UploadData

リソースにバイト配列を送信し、任意の応答を含む Byte 配列を返します。

UploadDataAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースに Byte 配列を送信します。

UploadFile

リソースにローカル ファイルを送信し、任意の応答を含む Byte 配列を返します。

UploadFileAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースにローカル ファイルを送信します。

UploadValues

リソースに NameValueCollection を送信し、任意の応答を含む Byte 配列を返します。

UploadValuesAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースに NameValueCollection を送信し、任意の応答を含む Byte 配列を返します。

UploadString

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースに String を送信します。

UploadStringAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースに String を送信します。

リソースからデータをダウンロードするための WebClient のメソッドを次の表に示します。

メソッド

説明

OpenRead

Stream としてリソースからデータを返します。

OpenReadAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースからデータを返します。

DownloadData

リソースからデータをダウンロードし、Byte 配列を返します。

DownloadDataAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースからデータをダウンロードし、Byte 配列を返します。

DownloadFile

リソースからローカル ファイルにデータをダウンロードします。

DownloadFileAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースからローカル ファイルにデータをダウンロードします。

DownloadString

リソースから String をダウンロードし、String を返します。

DownloadStringAsync

呼び出し元のスレッドをブロックせずに、リソースから String をダウンロードします。

CancelAsync メソッドを使用すると、未完了の非同期操作をキャンセルできます。

WebClient インスタンスは、既定では省略可能な HTTP ヘッダーを送信しません。要求に省略可能なヘッダーを使用する場合は、そのヘッダーを Headers コレクションに追加する必要があります。たとえば、応答にクエリを保持するには、ユーザー エージェント ヘッダーを追加する必要があります。また、ユーザー エージェント ヘッダーがない場合には、サーバーは 500 (内部サーバー エラー) を返す場合があります。

WebClient インスタンスの AllowAutoRedirecttrue に設定されています。

継承時の注意 派生クラスは、WebClient の基本クラスの実装を呼び出して、派生クラスが予想どおりに動作できるようにする必要があります。

リソースの URI を使用してそのリソースを取得し、応答を表示するコード例を次に示します。

using System;
using System.Net;
using System.IO;

public class Test
{
    public static void Main (string[] args)
    {
        if (args == null || args.Length == 0)
        {
            throw new ApplicationException ("Specify the URI of the resource to retrieve.");
        }
        WebClient client = new WebClient ();

        // Add a user agent header in case the 
        // requested URI contains a query.

        client.Headers.Add ("user-agent", "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.0.3705;)");

        Stream data = client.OpenRead (args[0]);
        StreamReader reader = new StreamReader (data);
        string s = reader.ReadToEnd ();
        Console.WriteLine (s);
        data.Close ();
        reader.Close ();
    }
}

  • WebPermission  (要求された URI またはその要求のリダイレクト先の URI にアクセスするために必要なアクセス許可)。Connect (関連する列挙体)

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0、1.1、1.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft