この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.Net.Sockets 名前空間

System.Net.Sockets 名前空間には、ネットワークへのアクセスを厳密に制御する必要のある開発者のために、ソケット ネットワーク インターフェイスのマネージ実装が用意されています。 Windows では、System.Net.Sockets 名前空間は、Windows ソケット (Winsock) インターフェイスのマネージ実装を提供します。 Apple Mac OS X では、System.Net.Sockets 名前空間は、BSD (Berkeley Software Distribution) UNIX をベースにしたソケット インターフェイスのマネージ実装を提供します。

System.Net.Sockets 名前空間を使用すると、リモートのネットワーク リソースとのリアルタイム双方向通信と、上位 API による双方向伝送を介した通信が可能になります。 さらに、アプリケーションはクライアントとして既存の TCP サービスと相互運用できます。 詳細については、ソケットの操作 のトピックを参照してください。

UDP マルチキャスト クライアントに対応するため、Silverlight 4 では、System.Net.Sockets 名前空間が拡充されました。 詳細については、マルチキャストの操作 のトピックを参照してください。

Silverlight for Windows Phone Windows Phone の追加のソケット メソッドについては、「SocketExtensions (SocketExtensions クラス)」を参照してください。

  クラス 説明
パブリック クラス Socket Berkeley ソケット インターフェイスを実装します。
パブリック クラス SocketAsyncEventArgs 非同期ソケット操作を表します。
パブリック クラス SocketException ソケット エラーが発生したときにスローされる例外。
パブリック クラス UdpAnySourceMulticastClient 任意の送信元からのマルチキャスト トラフィックのクライアント受信元。このマルチキャストは、ASM (Any Source Multicast) または ISM (Internet Standard Multicast) とも呼ばれます。
パブリック クラス UdpSingleSourceMulticastClient 単一の送信元からのマルチキャスト トラフィックのクライアント受信元。このマルチキャストは、SSM (Source Specific Multicast) とも呼ばれます。

  列挙体 説明
パブリック列挙体 AddressFamily Socket クラスのインスタンスが使用できるアドレッシング スキームを指定します。
パブリック列挙体 ProtocolType Socket クラスがサポートするプロトコルを指定します。
パブリック列挙体 SocketAsyncOperation このオブジェクトで最近実行された非同期ソケット操作の型。
パブリック列挙体 SocketClientAccessPolicyProtocol Socket クラスのインスタンスによって使用されるポリシー ファイルをダウンロードするためのメソッドを指定します。
パブリック列挙体 SocketError Socket クラスのエラー コードを定義します。
パブリック列挙体 SocketShutdown Socket.Shutdown メソッドが使用する定数を定義します。
パブリック列挙体 SocketType Socket クラスのインスタンスが表すソケットの種類を指定します。

コミュニティの追加

追加
表示: