この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

NetworkCredential クラス

 

公開日: 2016年10月

基本認証、ダイジェスト認証、NTLM 認証、および Kerberos 認証などのパスワード ベースの認証スキームの資格情報を提供します。

名前空間:   System.Net
アセンブリ:  System (System.dll 内)

System.Object
  System.Net.NetworkCredential

public class NetworkCredential : ICredentials, ICredentialsByHost

名前説明
System_CAPS_pubmethodNetworkCredential()

NetworkCredential クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodNetworkCredential(String, SecureString)

新しいインスタンスを初期化、 NetworkCredential クラスを指定したユーザー名とパスワードを使用します。

System_CAPS_pubmethodNetworkCredential(String, SecureString, String)

新しいインスタンスを初期化、 NetworkCredential 指定されたユーザー名、パスワード、およびドメイン クラスです。

System_CAPS_pubmethodNetworkCredential(String, String)

新しいインスタンスを初期化、 NetworkCredential クラスを指定したユーザー名とパスワードを使用します。

System_CAPS_pubmethodNetworkCredential(String, String, String)

新しいインスタンスを初期化、 NetworkCredential 指定されたユーザー名、パスワード、およびドメイン クラスです。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyDomain

取得または資格情報を検証するドメインまたはコンピューター名を設定します。

System_CAPS_pubpropertyPassword

取得または資格情報に関連付けられているユーザー名のパスワードを設定します。

System_CAPS_pubpropertySecurePassword

取得または設定として、パスワード、 SecureString インスタンス。

System_CAPS_pubpropertyUserName

取得または資格情報に関連付けられているユーザー名を設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetCredential(String, Int32, String)

インスタンスを返す、 NetworkCredential 指定されたホスト、ポート、および認証の種類のクラスです。

System_CAPS_pubmethodGetCredential(Uri, String)

インスタンスを返す、 NetworkCredential 指定された Uniform Resource Identifier (URI) と認証の種類のクラスです。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

NetworkCredentialクラスは、basic などのパスワード ベースの認証スキーム、ダイジェスト、NTLM、Kerberos での資格情報を提供する基本クラスです。 実装するクラス、ICredentialsインターフェイスなど、CredentialCacheクラス、返すNetworkCredentialオブジェクト。

このクラスは、Secure Sockets Layer (SSL) クライアント認証などのパブリック キー ベースの認証方法をサポートしていません。

次のコード例の関連付け、 NetworkCredential Uniform Resource Identifier (Uri) のセットをオブジェクトに、CredentialCacheです。 これは、後、渡します、CredentialCacheに、WebRequestインターネット サーバーへの要求の認証に使用するオブジェクト。

NetworkCredential myCred = new NetworkCredential(
	SecurelyStoredUserName,SecurelyStoredPassword,SecurelyStoredDomain);

CredentialCache myCache = new CredentialCache();

myCache.Add(new Uri("www.contoso.com"), "Basic", myCred);
myCache.Add(new Uri("app.contoso.com"), "Basic", myCred);

WebRequest wr = WebRequest.Create("www.contoso.com");
wr.Credentials = myCache;

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
3.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: