この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

SmtpClient.EnableSsl プロパティ

 

公開日: 2016年10月

指定するかどうか、 SmtpClient Secure Sockets Layer (SSL) を使用して接続を暗号化します。

名前空間:   System.Net.Mail
アセンブリ:  System (System.dll 内)

public bool EnableSsl { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Boolean

true 場合、 SmtpClient SSL を使用しない場合は、 falseです。 既定値は、false です。

EnableSsl プロパティは、指定の SMTP メール サーバーへのアクセスに SSL を使用するかどうかを指定します。

このプロパティの既定値は、マシン上で設定することもできます。 またはアプリケーション構成ファイル。 加えられた変更、 EnableSsl プロパティは、構成ファイルの設定をオーバーライドします。

SmtpClient クラスのみをサポート、SMTP サービスの拡張 smtp のセキュリティで保護されたトランスポート層セキュリティ経由での RFC 3207 で定義されています。 このモードで暗号化されていないチャネルで SMTP セッションを開始し、SSL を使用してセキュリティで保護された通信への切り替えをサーバーにクライアントによって STARTTLS コマンドが発行されたします。 詳細についてはインターネット技術標準化委員会 (IETF) によって発行の RFC 3207 を参照してください。

代替の接続方法は、SSL セッションが事前に任意のプロトコルをコマンドが送信される前に確立されています。 この接続方法は、SMTP/SSL を呼び出すことがありますが、SMTP over SSL または SMTPS と既定ではポート 465 されます。 SSL を使用してこの代替の接続方法は現在サポートされていません。

使用する ClientCertificates を指定するクライアント証明書は、SSL 接続を確立するために使用する必要があります。 ServerCertificateValidationCallback SMTP サーバーによって提供される証明書を拒否することができます。 SecurityProtocol プロパティでは、使用する SSL プロトコルのバージョンを指定することができます。

System_CAPS_noteメモ

場合、 EnableSsl にプロパティが設定されている true, 、SMTP メール サーバーが、EHLO への応答で STARTTLS コマンドは、その後の呼び出しをアドバタイズしていないと、 Send または SendAsync メソッドがスローされます、 SmtpExceptionです。

次のコード例では、SMTP サーバーで SSL 接続を確立し、接続を使用して電子メールを送信します。

public static void CreateTestMessage(string server)
{
	string to = "jane@contoso.com";
	string from = "ben@contoso.com";
	MailMessage message = new MailMessage(from, to);
	message.Subject = "Using the new SMTP client.";
	message.Body = @"Using this new feature, you can send an e-mail message from an application very easily.";
	SmtpClient client = new SmtpClient(server);
	// Credentials are necessary if the server requires the client 
	// to authenticate before it will send e-mail on the client's behalf.
	client.UseDefaultCredentials = true;
                      client.EnableSsl = true;
	client.Send(message);
}

.NET Framework
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: