この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

MailMessage クラス

 

公開日: 2016年10月

使用して送信される電子メール メッセージを表す、 SmtpClient クラスです。

名前空間:   System.Net.Mail
アセンブリ:  System (System.dll 内)

System.Object
  System.Net.Mail.MailMessage

public class MailMessage : IDisposable

名前説明
System_CAPS_pubmethodMailMessage()

MailMessage クラスの空のインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodMailMessage(MailAddress, MailAddress)

新しいインスタンスを初期化、 MailMessage クラスを指定して MailAddress クラス オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodMailMessage(String, String)

新しいインスタンスを初期化、 MailMessage クラスを指定して String クラス オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodMailMessage(String, String, String, String)

MailMessage クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAlternateViews

メッセージ本文の代替フォームの格納に使用される添付データのコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyAttachments

この電子メール メッセージにアタッチされたデータの格納に使用される添付データのコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyBcc

この電子メール メッセージのブラインド カーボン コピー (BCC) 受信者を格納するアドレスのコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyBody

取得またはメッセージ本文を設定します。

System_CAPS_pubpropertyBodyEncoding

取得またはメッセージ本文をエンコードに使用されるエンコーディングを設定します。

System_CAPS_pubpropertyBodyTransferEncoding

取得または設定の転送エンコード メッセージの本文をエンコードするために使用します。

System_CAPS_pubpropertyCC

この電子メール メッセージのカーボン コピー (CC) 受信者を格納するアドレスのコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyDeliveryNotificationOptions

取得またはこの電子メール メッセージの配信通知を設定します。

System_CAPS_pubpropertyFrom

取得または設定、この電子メール メッセージの差出人アドレスです。

System_CAPS_pubpropertyHeaders

この電子メール メッセージで送信される電子メールのヘッダーを取得します。

System_CAPS_pubpropertyHeadersEncoding

取得または、この電子メール メッセージのユーザー定義のカスタム ヘッダーに使用されるエンコーディングを設定します。

System_CAPS_pubpropertyIsBodyHtml

取得または電子メール メッセージの本文が html 形式であるかどうかを示す値を設定します。

System_CAPS_pubpropertyPriority

取得またはこの電子メール メッセージの優先順位を設定します。

System_CAPS_pubpropertyReplyTo

互換性のために残されています。取得またはメール メッセージの ReplyTo アドレスを設定します。

System_CAPS_pubpropertyReplyToList

取得またはメール メッセージの返信先アドレスの一覧を設定します。

System_CAPS_pubpropertySender

取得またはこの電子メール メッセージの送信者のアドレスを設定します。

System_CAPS_pubpropertySubject

取得またはこの電子メール メッセージの件名を設定します。

System_CAPS_pubpropertySubjectEncoding

取得または、この電子メール メッセージの件名の内容に使用されるエンコーディングを設定します。

System_CAPS_pubpropertyTo

この電子メール メッセージの受信者を格納するアドレスのコレクションを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodDispose()

MailMessage によって使用されているすべてのリソースを解放します。

System_CAPS_protmethodDispose(Boolean)

MailMessage によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

インスタンス、 MailMessage クラスが配信を使用する SMTP サーバーに送信される電子メール メッセージの構築に使用される、 SmtpClient クラスです。

送信者、受信者、件名、および電子メール メッセージの本文をパラメーターとして指定することがあるときに、 MailMessage 初期化するために使用される、 MailMessage オブジェクトです。 これらのパラメーターも設定することがありますかのプロパティを使用してアクセス、 MailMessage オブジェクトです。

次のプロパティを使用して、プライマリ メール メッセージのヘッダーとメッセージの要素を設定が、 MailMessage クラスです。

メール ヘッダーまたはパーツ

プロパティ

Attachments

Attachments

ブラインド カーボン コピー (BCC)

Bcc

カーボン コピー (CC)

CC

コンテンツの種類

BodyEncoding

カスタム ヘッダーのエンコード

HeadersEncoding

メッセージ本文

Body

優先度

Priority

受信者

To

返信先

ReplyToList

送信者

From

Subject

Subject

MailMessage クラスでは、アプリケーションを使用してメッセージのヘッダーのコレクションにアクセスすることもできます、 Headers プロパティです。 このコレクションは読み取り専用 (新しいコレクション設定できません)、カスタム ヘッダーに追加できるか、このコレクションから削除します。 カスタム ヘッダーを追加対象となるときに、 MailMessage インスタンスを送信します。 このコレクションにはヘッダーのみが具体的には追加メッセージを送信する前に、 Headers プロパティがコレクションに含まれています。 後に、 MailMessage インスタンスを送信すると、 Headers プロパティは、関連付けのプロパティを使用して設定されているヘッダーも含まれます、 MailMessage クラスまたはパラメーターを渡すときに、 MailMessage は初期化に使用、 MailMessage オブジェクトです。

一部のメール ヘッダーが正しくない場合は、電子メール メッセージが破損する可能性があります、されます。 ヘッダーのコレクションのプロパティを使用して設定できるため、メール ヘッダー、 MailMessage を使用してクラスを設定する必要がありますのみ、 MailMessage クラス プロパティまたはパラメーターとして渡すときに、 MailMessage を初期化します、 MailMessage オブジェクトです。 使用して次のメールのヘッダーの一覧を追加できませんが、 Headers プロパティおよび任意の値を使用してこれらのヘッダーを設定、 Headers プロパティが破棄または、メッセージが送信されるときに上書きされます。

  • [Bcc]

  • Cc

  • コンテンツ ID

  • コンテンツの場所

  • コンテンツ転送エンコード

  • コンテンツの種類

  • 日付

  • 変換前

  • 重要度

  • MIME バージョン

  • 優先度

  • 返信先

  • 送信者

  • 目的

  • 優先度の X

かどうかは、アプリケーションで指定されない X 送信者ヘッダーを使用して、 Headers プロパティには、 MailMessage クラスが作成されますのメッセージを送信します。

使用して、 AlternateViews プロパティをさまざまな形式で電子メール メッセージのコピーを指定します。 たとえば、html 形式でメッセージを送信する場合をすることも一部の受信者 HTML コンテンツを表示できない電子メール プログラムを使用している場合は、プレーン テキスト バージョンを提供します。 代替ビューでメッセージを作成するかを示す例については AlternateViewsです。

使用して、 Attachments 電子メール メッセージに添付ファイルを追加するプロパティです。 ファイルが添付されたメッセージを作成するかを示す例については Attachmentsです。

電子メール メッセージをアセンブル後に送信するを使用して、 Send または SendAsync メソッドです。

次のコード例は、作成して、添付ファイルを含む電子メール メッセージの送信を示します。

public static void CreateMessageWithAttachment(string server)
{
	// Specify the file to be attached and sent.
	// This example assumes that a file named Data.xls exists in the
	// current working directory.
	string file = "data.xls";
	// Create a message and set up the recipients.
	MailMessage message = new MailMessage(
	   "jane@contoso.com",
	   "ben@contoso.com",
	   "Quarterly data report.",
	   "See the attached spreadsheet.");

	// Create  the file attachment for this e-mail message.
	Attachment data = new Attachment(file, MediaTypeNames.Application.Octet);
	// Add time stamp information for the file.
	ContentDisposition disposition = data.ContentDisposition;
	disposition.CreationDate = System.IO.File.GetCreationTime(file);
	disposition.ModificationDate = System.IO.File.GetLastWriteTime(file);
	disposition.ReadDate = System.IO.File.GetLastAccessTime(file);
	// Add the file attachment to this e-mail message.
	message.Attachments.Add(data);

	//Send the message.
	SmtpClient client = new SmtpClient(server);
	// Add credentials if the SMTP server requires them.
	client.Credentials = CredentialCache.DefaultNetworkCredentials;

    try {
	  client.Send(message);
	}
	catch (Exception ex) {
	  Console.WriteLine("Exception caught in CreateMessageWithAttachment(): {0}", 
                  ex.ToString() );			  
	}
	// Display the values in the ContentDisposition for the attachment.
	ContentDisposition cd = data.ContentDisposition;
	Console.WriteLine("Content disposition");
	Console.WriteLine(cd.ToString());
	Console.WriteLine("File {0}", cd.FileName);
	Console.WriteLine("Size {0}", cd.Size);
	Console.WriteLine("Creation {0}", cd.CreationDate);
	Console.WriteLine("Modification {0}", cd.ModificationDate);
	Console.WriteLine("Read {0}", cd.ReadDate);
	Console.WriteLine("Inline {0}", cd.Inline);
	Console.WriteLine("Parameters: {0}", cd.Parameters.Count);
	foreach (DictionaryEntry d in cd.Parameters)
	{
		Console.WriteLine("{0} = {1}", d.Key, d.Value);
	}
	data.Dispose();
}

.NET Framework
2.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: