この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

MarshalByRefObject.CreateObjRef メソッド (Type)

 

公開日: 2016年10月

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要なすべての関連情報を格納しているオブジェクトを作成します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SecurityCriticalAttribute]
public virtual ObjRef CreateObjRef(
	Type requestedType
)

パラメーター

requestedType
Type: System.Type

Typeオブジェクトを新しいObjRef参照することができます。

戻り値

Type: System.Runtime.Remoting.ObjRef

プロキシを生成するために必要な情報です。

Exception Condition
RemotingException

このインスタンスは、有効なリモート処理オブジェクトではありません。

SecurityException

直前の呼び出し元には、インフラストラクチャのアクセス許可がありません。

CreateObjRefメソッドがなどのリモート オブジェクトの作成方法によって呼び出されますAppDomain.CreateInstanceAppDomain.CreateInstanceAndUnwrapです。 ほとんどの場合は、このメソッドをオーバーライドする必要はありません。

SecurityCriticalAttribute

requires full trust for the immediate caller. This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: