このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

StringWriter クラス

更新 : 2007 年 11 月

文字列に情報を書き込む TextWriter を実装します。情報は、基になる StringBuilder に格納されます。

名前空間 :  System.IO
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class StringWriter : TextWriter
/** @attribute SerializableAttribute */ 
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */
public class StringWriter extends TextWriter
public class StringWriter extends TextWriter

その他の一般的な I/O タスクまたは関連する I/O タスクの例を次の表に示します。

実行するタスク

参考例があるトピック

テキスト ファイルを作成する。

方法 : ファイルにテキストを書き込む

テキスト ファイルに書き込む。

方法 : ファイルにテキストを書き込む

テキスト ファイルから読み取る。

方法 : ファイルからテキストを読み取る

テキストをファイルに追加する。

方法 : ログ ファイルを開いて情報を追加する

File.AppendText

FileInfo.AppendText

ファイルのサイズを取得する。

FileInfo.Length

ファイルの属性を取得する。

File.GetAttributes

ファイルの属性を設定する。

File.SetAttributes

ファイルが存在するかどうかを判別する。

File.Exists

バイナリ ファイルから読み取る。

方法 : 新しく作成されたデータ ファイルに対して読み書きする

バイナリ ファイルに書き込む。

方法 : 新しく作成されたデータ ファイルに対して読み書きする

次に示すのは、複数のセンテンスを含むテキストから、各センテンスがそれぞれ 2 つのスペースで区切られたパラグラフを作成し、その後そのパラグラフを元のテキストに戻すコード例です。

using System;
using System.IO;

class StringRW
{
    static void Main()
    {
        string textReaderText = "TextReader is the abstract base " +
            "class of StreamReader and StringReader, which read " +
            "characters from streams and strings, respectively.\n\n" +

            "Create an instance of TextReader to open a text file " +
            "for reading a specified range of characters, or to " +
            "create a reader based on an existing stream.\n\n" +

            "You can also use an instance of TextReader to read " +
            "text from a custom backing store using the same " +
            "APIs you would use for a string or a stream.\n\n";

        Console.WriteLine("Original text:\n\n{0}", textReaderText);

        // From textReaderText, create a continuous paragraph 
        // with two spaces between each sentence.
        string aLine, aParagraph = null;
        StringReader strReader = new StringReader(textReaderText);
        while(true)
        {
            aLine = strReader.ReadLine();
            if(aLine != null)
            {
                aParagraph = aParagraph + aLine + " ";
            }
            else
            {
                aParagraph = aParagraph + "\n";
                break;
            }
        }
        Console.WriteLine("Modified text:\n\n{0}", aParagraph);

        // Re-create textReaderText from aParagraph.
        int intCharacter;
        char convertedCharacter;
        StringWriter strWriter = new StringWriter();
        strReader = new StringReader(aParagraph);
        while(true)
        {
            intCharacter = strReader.Read();

            // Check for the end of the string 
            // before converting to a character.
            if(intCharacter == -1) break;

            convertedCharacter = Convert.ToChar(intCharacter);
            if(convertedCharacter == '.')
            {
                strWriter.Write(".\n\n");

                // Bypass the spaces between sentences.
                strReader.Read();
                strReader.Read();
            }
            else
            {
                strWriter.Write(convertedCharacter);
            }
        }
        Console.WriteLine("\nOriginal text:\n\n{0}", 
            strWriter.ToString());
    }
}


import System.*;
import System.IO.*;

class StringRW
{
    public static void main(String[] args)
    {
        String textReaderText = "TextReader is the abstract base " 
            + "class of StreamReader and StringReader, which read " 
            + "characters from streams and strings, respectively.\n\n" 
            + "Create an instance of TextReader to open a text file " 
            + "for reading a specified range of characters, or to " 
            + "create a reader based on an existing stream.\n\n" 
            + "You can also use an instance of TextReader to read " 
            + "text from a custom backing store using the same " 
            + "APIs you would use for a string or a stream.\n\n";

        Console.WriteLine("Original text:\n\n{0}", textReaderText);

        // From textReaderText, create a continuous paragraph 
        // with two spaces between each sentence.
        String aParagraph = "";
        String aLine;
        StringReader strReader = new StringReader(textReaderText);
        while (true) {
            aLine = strReader.ReadLine();
            if (aLine != null) {
                aParagraph = aParagraph + aLine + " ";
            }
            else {
                aParagraph = aParagraph + "\n";
                break ;
            }
        }
        Console.WriteLine("Modified text:\n\n{0}", aParagraph);

        // Re-create textReaderText from aParagraph.
        int intCharacter;
        char convertedCharacter;
        StringWriter strWriter = new StringWriter();
        strReader = new StringReader(aParagraph);

        while (true) {
            intCharacter = strReader.Read();

            // Check for the end of the string 
            // before converting to a character.
            if (intCharacter == -1) {
                break ;
            }

            convertedCharacter = Convert.ToChar(intCharacter);
            if (convertedCharacter == '.') {
                strWriter.Write(".\n\n");

                // Bypass the spaces between sentences.
                strReader.Read();
                strReader.Read();
            }

            else {
                strWriter.Write(convertedCharacter);
            }
        }
        Console.WriteLine("\nOriginal text:\n\n{0}", strWriter.ToString());
    } //main
} //StringRW


この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98, Windows CE, Windows Mobile for Smartphone, Windows Mobile for Pocket PC, Xbox 360

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 3.5、2.0、1.0

XNA Framework

サポート対象 : 2.0、1.0
表示: