このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

StreamWriter.Close メソッド

現在の StreamWriter と基になるストリームをクローズします。

Overrides Public Sub Close()
[C#]
public override void Close();
[C++]
public: void Close();
[JScript]
public override function Close();

解説

このメソッドは、 Close をオーバーライドします。

この Close の実装は、 true 値を渡す Dispose メソッドを呼び出します。

すべてのデータを基になるストリームに正しく書き込むためには Close を呼び出す必要があります。 Close を呼び出した後は、 StreamWriter の操作はすべて例外を発生させます。

ストリームをフラッシュしても、 Flush または Close を明示的に呼び出さない限り、そのストリームの基になるエンコーダはフラッシュされません。 AutoFlushtrue に設定すると、データがバッファからストリームにフラッシュされますが、エンコーダの状態はフラッシュされません。これにより、エンコーダの状態 (一部の文字) を維持できるため、次のブロックの文字を正確にエンコードできるようになります。この動作は、一部の文字をエンコードするためにはエンコーダがあらかじめその文字に隣接する文字を受け取っておく必要がある UTF8 および UTF7 に対して有効です。

使用例

[Visual Basic, C#, C++] Close メソッドの例を次に示します。

 
' Close the file by closing the writer.
Sw.Close()

[C#] 
// close the file by closing the writer
sw.Close();

[C++] 
// close the file by closing the writer
sw->Close();

[JScript] JScript のサンプルはありません。Visual Basic、C#、および C++ のサンプルを表示するには、このページの左上隅にある言語のフィルタ ボタン 言語のフィルタ をクリックします。

必要条件

プラットフォーム: Windows 98, Windows NT 4.0, Windows Millennium Edition, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ, .NET Compact Framework - Windows CE .NET, Common Language Infrastructure (CLI) Standard

参照

StreamWriter クラス | StreamWriter メンバ | System.IO 名前空間 | 入出力操作 | ファイルからのテキストの読み取り | ファイルへのテキストの書き込み

表示: