このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

StreamWriter クラス

文字を特定のエンコーディングでストリームに書き込むための TextWriter を実装しています。

この型のすべてのメンバの一覧については、StreamWriter メンバ を参照してください。

System.Object
   System.MarshalByRefObject
      System.IO.TextWriter
         System.IO.StreamWriter

<Serializable>
Public Class StreamWriter
   Inherits TextWriter
[C#]
[Serializable]
public class StreamWriter : TextWriter
[C++]
[Serializable]
public __gc class StreamWriter : public TextWriter
[JScript]
public
   Serializable
class StreamWriter extends TextWriter

スレッドセーフ

この型の public static (Visual Basicでは Shared) のすべてのメンバは、マルチスレッド操作で安全に使用できます。インスタンスのメンバの場合は、スレッドセーフであるとは限りません。

解説

StreamWriter は、文字を特定のエンコーディングで出力するために使用します。一方、 Stream の派生クラスは、バイトの入出力に使用します。

他に指定がない場合、 StreamWriterUTF8Encoding のインスタンスを使用するように既定で設定されます。この UTF8Encoding のインスタンスは、 Encoding.GetPreamble メソッドが UTF-8 で書き込まれた Unicode バイト順マークを返すように構築されます。エンコーディングのプリアンブルは、既存のストリームに追加する場合を除き、ストリームに追加されます。つまり、 StreamWriter で作成されたすべてのテキスト ファイルの先頭に、3 バイトのバイト順マークが含まれます。UTF-8 は、すべての Unicode 文字を正しく処理し、オペレーティング システムの各ローカライズ バージョンで一貫した結果を提供します。

既定では、 StreamWriter はスレッドセーフではありません。スレッド セーフ ラッパーについては、 TextWriter.Synchronized のトピックを参照してください。

その他の一般的な I/O タスクまたは関連する I/O タスクの例を次の表に示します。

実行するタスク 参考例があるトピック
テキスト ファイルを作成する。 ファイルへのテキストの書き込み
テキスト ファイルに書き込む。 ファイルへのテキストの書き込み
テキスト ファイルから読み取る。 ファイルからのテキストの読み取り
テキストをファイルに追加する。 ログ ファイルのオープンと追加

File.AppendText

FileInfo.AppendText

ファイルのサイズを取得する。 FileInfo.Length
ファイルの属性を取得する。 File.GetAttributes
ファイルの属性を設定する。 File.SetAttributes
ファイルが存在するかどうかを判別する。 File.Exists
バイナリ ファイルから読み取る。 新しく作成したデータ ファイルの読み取りと書き込み
バイナリ ファイルに書き込む。 新しく作成したデータ ファイルの読み取りと書き込み

必要条件

名前空間: System.IO

プラットフォーム: Windows 98, Windows NT 4.0, Windows Millennium Edition, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ, .NET Compact Framework - Windows CE .NET

アセンブリ: Mscorlib (Mscorlib.dll 内)

参照

StreamWriter メンバ | System.IO 名前空間 | Stream | StreamReader | Encoder | Encoding | 入出力操作 | ファイルからのテキストの読み取り | ファイルへのテキストの書き込み | 基本のファイル I/O | 新しく作成したデータ ファイルの読み取りと書き込み

表示: