このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Stream.Close メソッド

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。

名前空間: System.IO
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual void Close ()
public void Close ()
public function Close ()

ストリームをフラッシュしても、Flush または Close の実装を明示的に呼び出さない限り、そのストリームの基になるエンコーダはフラッシュされません。AutoFlushtrue に設定すると、データがバッファからストリームにフラッシュされますが、エンコーダの状態はフラッシュされません。これにより、エンコーダの状態 (一部の文字) を維持できるため、次のブロックの文字を正確にエンコードできるようになります。この動作は、一部の文字をエンコードするためにはエンコーダがあらかじめその文字に隣接する文字を受け取っておく必要がある UTF8 および UTF7 に対して有効です。

Close の呼び出しは、ストリームを適切に操作するために必要です。Close を呼び出した後で、ストリームに対して他の操作を実行しようとすると、例外がスローされることがあります。ストリームがクローズ状態のときに Close を呼び出しても、例外はスローされません。

ストリームが閉じられた後で、そのストリームを操作しようとすると ObjectDisposedException がスローされる場合があります。

実装時の注意 派生クラスでは、Close メソッドをオーバーライドしないでください。代わりに、Dispose メソッドにすべてのストリーム クリーンアップ ロジックを組み込みます。詳細については、「Dispose メソッドの実装」を参照してください。

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows CE, Windows Millennium Edition, Windows Mobile for Pocket PC, Windows Mobile for Smartphone, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0、1.0
表示: