この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Path クラス

 

公開日: 2016年10月

ファイルまたはディレクトリのパス情報を格納する String インスタンスで操作を実行します。 これらの操作は、プラットフォーム間で実行されます。

この型の .NET Framework ソース コードを参照するを参照してください。、 Reference Sourceします。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.IO.Path

[ComVisibleAttribute(true)]
public static class Path

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticChangeExtension(String, String)

パス文字列の拡張子を変更します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCombine(String, String)

2 つの文字列を 1 つのパスに結合します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCombine(String, String, String)

3 つの文字列を 1 つのパスに結合します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCombine(String, String, String, String)

4 つの文字列を 1 つのパスに結合します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCombine(String[])

文字列の配列を 1 つのパスに結合します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetDirectoryName(String)

指定したパス文字列のディレクトリ情報を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetExtension(String)

指定したパス文字列の拡張子を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetFileName(String)

指定したパス文字列のファイル名と拡張子を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetFileNameWithoutExtension(String)

指定したパス文字列のファイル名を拡張子を付けずに返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetFullPath(String)

指定したパス文字列の絶対パスを返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetInvalidFileNameChars()

ファイル名に使用できない文字を含む配列を取得します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetInvalidPathChars()

パス名に使用できない文字を含む配列を取得します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetPathRoot(String)

指定したパスのルート ディレクトリ情報を取得します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetRandomFileName()

ランダムなフォルダー名またはファイル名を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetTempFileName()

一意な名前を持つ 0 バイトの一時ファイルをディスク上に作成し、そのファイルの完全パスを返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetTempPath()

現在のユーザーの一時フォルダーのパスを返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticHasExtension(String)

パスにファイル名の拡張子を含めるかどうかを決定します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticIsPathRooted(String)

指定したパス文字列にルートが含まれているかどうかを示す値を取得します。

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticAltDirectorySeparatorChar

階層ファイル システム編成を反映するパス文字列の、ディレクトリ レベルを区切るために使用する、プラットフォーム固有の代替文字を提供します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticDirectorySeparatorChar

階層ファイル システム編成を反映するパス文字列の、ディレクトリ レベルを区切るために使用する、プラットフォーム固有の文字を提供します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticInvalidPathChars

互換性のために残されています。 Path クラスのメンバーに渡されるパス文字列引数で指定できないプラットフォーム固有の文字配列を提供します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPathSeparator

環境変数のパス文字列を区切るために使用するプラットフォーム固有の区切り記号。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticVolumeSeparatorChar

プラットフォーム固有のボリューム区切り記号を提供します。

System_CAPS_noteメモ

この型の .NET Framework ソース コードを参照してください、 Reference Sourceします。 ソース コードをオンラインで参照するか、リファレンスをダウンロードしてオフラインで表示するか、デバッグ中にソース (パッチや更新を含む) をステップ実行することができます。 instructionsを参照してください。

.NET Framework では、パス"\\.\PHYSICALDRIVE0"などのデバイス名を使用して物理ディスクへの直接アクセスをできません。

パスは、ファイルまたはディレクトリの場所を提供する文字列です。 パスが必ずしもディスク; 上の場所を指していませんたとえば、パスは、メモリ内、またはデバイス上の場所に対応付けられます。 パスの正確な形式は、現在のプラットフォームで決定されます。 など一部のシステムでパスを開始できますボリュームまたはドライブ文字では、この要素は、他のシステムに存在することはありません。 一部のシステムでファイルのパスは、ファイルに格納されている情報の種類を示す拡張子を含めることができます。 ファイル名拡張子の形式は次のプラットフォームに依存します。たとえば、一部のシステム制限を 3 文字は、拡張機能とないものです。 現在のプラットフォームでは、パスの要素を区切るために使用される文字のセットとパスを指定するときに使用できない文字のセットも決定します。 フィールドは、その相違のため、 Path クラスのいくつかのメンバーの正確な動作だけでなく、 Path クラスはプラットフォームに依存します。

パスは、絶対位置または相対位置情報を含めることができます。 絶対パスが完全に場所を指定します。 ファイルやディレクトリを現在の場所に関係なく一意に識別できます。 相対パスは、部分的な場所を指定します。 相対パスで指定されたファイルを検索する際には、現在の場所を開始点として使用します。 現在のディレクトリを確認するのには、呼び出す Directory.GetCurrentDirectoryします。

ほとんどのメンバー、 Path クラスは、ファイル システムと対話しないと、パス文字列に指定されたファイルの存在を確認しないようにします。 Path クラスのメンバーなど、パス文字列を変更する ChangeExtension, 、ファイル システム内のファイルの名前に影響を与えるありません。 Path メンバーは、ただし、指定したパス文字列の内容を検証およびスロー、 ArgumentException 例外から返された文字列で定義されているパス文字列に無効な文字が文字列に含まれている場合、 GetInvalidPathChars メソッドです。 たとえば、Windows ベースのデスクトップ プラットフォーム パスは無効な文字があります引用符 (")、小なり (<)、大なり (>)、パイプ (|)、バック スペース (\b)、null (\0)、および 16 18 と 20 から 25 までの Unicode 文字。

メンバー、 Path クラスを使用すると、迅速かつ簡単には、ファイル名拡張子が、パスの一部であるかどうかを判断しを 1 つのパス名に 2 つの文字列を結合などの一般的な操作を実行します。

すべてのメンバー、 Path クラスは静的と、そのため、パスのインスタンスがなくても呼び出すことができます。

System_CAPS_noteメモ

入力文字列としてのパスを受け入れるメンバーの場合では、そのパスは、整形式である必要がありますか、例外が発生します。 たとえば、パスは完全修飾では、スペースで始まり場合、パスは、クラスのメソッドで切り捨てられません。 そのため、パスが正しくないと、例外が発生します。 同様に、パスまたはパスの組み合わせできません完全修飾されている 2 回クリックします。 たとえば、"c:\temp c:\windows"では、ほとんどの場合、例外も発生します。 パス文字列を受け取るメソッドを使用する場合、パスが整形式であることを確認します。

パスを受け入れるメンバーでは、パスがファイルまたはディレクトリを参照できます。 指定されたパスは相対パスまたはサーバーと共有名の汎用名前付け規則 (UNC) パスにも参照できます。 たとえば、許容可能なパスをすべての次に示します。

  • C# の場合、"c:\\MyDir\\MyFile.txt"または Visual Basic では、"c:\MyDir\MyFile.txt"します。

  • C# の場合、"c:\\MyDir"または Visual Basic では、"c:\MyDir"します。

  • "MyDir\\MySubdir"C# の場合、または Visual Basic では、"MyDir\MySubDir"にします。

  • C# の場合、"\\\MyServer\\MyShare"または Visual Basic では、「\\MyServer\MyShare」します。

文字列でこれらすべての操作が実行されるため、結果がすべてのシナリオでは有効であることを確認することはありません。 たとえば、 GetExtension メソッドは、それに渡す文字列を解析し、その文字列から拡張子を返します。 ただし、その拡張子のファイルがディスクに存在するというこのはありません。

共通 I/O タスクの一覧は、次を参照してください。 共通 I/O タスクします。

次のコード例では、一部の主要なメンバーを示しています、 Path クラスです。

using System;
using System.IO;

class Test 
{

    public static void Main() 
    {
        string path1 = @"c:\temp\MyTest.txt";
        string path2 = @"c:\temp\MyTest";
        string path3 = @"temp";

        if (Path.HasExtension(path1)) 
        {
            Console.WriteLine("{0} has an extension.", path1);
        }

        if (!Path.HasExtension(path2)) 
        {
            Console.WriteLine("{0} has no extension.", path2);
        }

        if (!Path.IsPathRooted(path3)) 
        {
            Console.WriteLine("The string {0} contains no root information.", path3);
        }

        Console.WriteLine("The full path of {0} is {1}.", path3, Path.GetFullPath(path3));
        Console.WriteLine("{0} is the location for temporary files.", Path.GetTempPath());
        Console.WriteLine("{0} is a file available for use.", Path.GetTempFileName());

        /* This code produces output similar to the following:
         * c:\temp\MyTest.txt has an extension.
         * c:\temp\MyTest has no extension.
         * The string temp contains no root information.
         * The full path of temp is D:\Documents and Settings\cliffc\My Documents\Visual Studio 2005\Projects\ConsoleApplication2\ConsoleApplication2\bin\Debug\temp.
         * D:\Documents and Settings\cliffc\Local Settings\Temp\8\ is the location for temporary files.
         * D:\Documents and Settings\cliffc\Local Settings\Temp\8\tmp3D.tmp is a file available for use.
         */
    }
}

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: