この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

System.IO.Packaging 名前空間

 

公開日: 2016年10月

1 つのコンテナーで複数のデータ オブジェクトのストレージをサポートするクラスを提供します。

クラス説明
System_CAPS_pubclassEncryptedPackageEnvelope

暗号化されたパッケージを含む OLE 複合ファイルを表します。

System_CAPS_pubclassPackage

複数のデータ オブジェクトを格納可能なコンテナーを表します。

System_CAPS_pubclassPackageDigitalSignature

パッケージ パーツとリレーションシップのセットに適用されるデジタル署名を表します。

System_CAPS_pubclassPackageDigitalSignatureManager

ユーティリティ クラスを作成およびのデジタル署名の検証の提供、 Packageです。

System_CAPS_pubclassPackagePart

格納されている部分の基本クラスを提供する Packageです。 このクラスは抽象クラスです。

System_CAPS_pubclassPackagePartCollection

PackagePart オブジェクトのコレクションを表します。

System_CAPS_pubclassPackageProperties

主要プロパティを表す、 Packageです。

System_CAPS_pubclassPackageRelationship

ソース間のアソシエーションを表す Package または PackagePart, 、および対象のオブジェクトになる可能性が、 PackagePart または外部リソースです。

System_CAPS_pubclassPackageRelationshipCollection

コレクションを表します PackageRelationship 要素によって所有されている、指定された PackagePart または Packageです。

System_CAPS_pubclassPackageRelationshipSelector

定義 PackageRelationship パーツ レベルまたはパッケージ レベルのリレーションシップを選択する条件。

System_CAPS_pubclassPackageStore

アプリケーション固有のコレクションを表す Package と組み合わせて使用されるインスタンス PackWebRequestします。

System_CAPS_pubclassPackUriHelper

パック URI オブジェクトを作成および解析するユーティリティ メソッドを提供します。

System_CAPS_pubclassPackWebRequest

要求全体を PackagePart または、 PackagePart パッケージでは、パック URI によって識別されます。

System_CAPS_pubclassPackWebRequestFactory

パック URI PackWebRequest のインスタンス作成時に呼び出されるクラスを表します。

System_CAPS_pubclassPackWebResponse

PackWebRequest の応答を表します。

System_CAPS_pubclassRightsManagementInformation

EncryptedPackageEnvelope に保存されたデジタル著作権管理 (DRM) 情報を表します。

System_CAPS_pubclassSignatureVerificationEventArgs

指定されたイベント引数の指定、 InvalidSignatureEventHandlerです。

System_CAPS_pubclassStorageInfo

アクセスおよびデータ ストアを操作するための情報を提供する Packageです。

System_CAPS_pubclassStreamInfo

アクセスと内の I/O ストリームを操作するための情報を提供する Packageです。

System_CAPS_pubclassZipPackage

抽象派生サブクラスを実装するPackage基底クラス —、ZipPackageクラスは、コンテナーのストアとしての ZIP のアーカイブを使用します。 このクラスは継承できません。

System_CAPS_pubclassZipPackagePart

格納されている部分を表します、ZipPackageです。

デリゲート説明
System_CAPS_pubdelegateInvalidSignatureEventHandler

処理するメソッドを表す、 InvalidSignatureEvent がいつ発生する VerifySignatures 無効な署名が検出されました。

列挙型説明
System_CAPS_pubenumCertificateEmbeddingOption

署名に使用される X.509 証明書を格納する場所を指定します。

System_CAPS_pubenumCompressionOption

格納されているコンテンツの圧縮レベルを指定する PackagePartです。

System_CAPS_pubenumEncryptionOption

内のパーツに対して暗号化オプションを指定します、 Packageです。

System_CAPS_pubenumPackageRelationshipSelectorType

一致を返すために使用する選択条件の種類を指定 PackageRelationship を通じて選択、 PackageRelationshipSelectorです。

System_CAPS_pubenumTargetMode

指定するかどうかの対象となる、 PackageRelationship は内側または外側、 Packageです。

System_CAPS_pubenumVerifyResult

証明書または署名の検証結果を指定します。

Package オブジェクトの携行性と効率の高いアクセスの場合は、定義されている物理形式の 1 つのエンティティへの編成に使用できる抽象クラスです。

ZIP ファイルは、プライマリの物理形式、 Packageです。 その他の Package 実装は、XML ドキュメントをデータベースなどその他の物理形式を使用してしたり、Web サービスです。

ファイル システムのような項目が含まれている、 Package フォルダーとファイルの階層構造で参照されています。

Package 抽象クラスでは、 ZipPackage 派生クラスでは、既定として使用される、 Package.Open メソッドです。

A PackagePart (「部分」) に格納されているオブジェクトを表す抽象クラスは、 Packageです。

A PackageRelationship (「リレーションシップ」)、ソース間のアソシエーションを定義する Package または PackagePart と、ターゲット オブジェクト。 A PackageRelationship それぞれできる 2 つの形式のいずれかの 2 種類のいずれかになります。

  • パッケージ レベルのリレーションシップ (によって作成された Package.CreateRelationship)

    • 間、 Package およびパッケージ内のターゲット パーツです。

    • 間、 Package パッケージの外部のリソースを対象とします。

  • パーツ レベルのリレーションシップ (によって作成された PackagePart.CreateRelationship)

    • ソースの間で PackagePart と、パッケージ内の別のターゲット パーツです。

    • ソースの間で PackagePart 、パッケージの外部のリソースを対象とします。

リレーションシップのソース Package またはソース PackagePart リレーションシップの「所有者」と見なされます。 ソース オブジェクトが削除されると、ソース オブジェクトが所有するすべてのリレーションシップも削除されます。 作成するか、リレーションシップの削除のプロセスが任意の方法でソースまたはターゲットのいずれかのオブジェクトを物理的に変更することはできません。

A PackageDigitalSignature (「デジタル署名」) のパーツとリレーションシップに含まれるデジタル署名を表す合成である、 Packageです。 デジタル署名は、発信元を識別し、署名されたパーツとリレーションシップに含まれることを検証、 Package が変更されていません。

パッケージにはデジタル著作権管理 (DRM)、内のコンテンツの要素をサポートも、 Package を承認されたユーザーに付与された特定のアクセス権を使用して暗号化することです。

に基づいて、 Package 、アーキテクチャ、 XpsDocument 開くに基づいてドキュメントを格納するためのパッケージ型である XML Paper Specification (XPS)します。

Windows Presentation Foundation (WPF) パッケージを使用して、コンテンツ、リソース、およびページおよび既定では、標準の ZIP ファイルを使用してドキュメントのリレーションシップを格納します。 ZIP ファイルとアプリケーションで使用できるよう、 System.IO.Packaging クラスを格納し、必要に応じて任意の種類と 1 つの効率的なアクセス コンテナー内のデータ ファイルの数を保護します。

詳細については、ある XPS セクションでダウンロード可能な Open Packaging Conventions (OPC) 仕様を参照してください。 Windows Hardware Developer Centralします。

トップに戻る
表示: