この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

MemoryMappedFile クラス

 

公開日: 2016年10月

メモリ マップト ファイルを表します。

名前空間:   System.IO.MemoryMappedFiles
アセンブリ:  System.Core (System.Core.dll 内)

System.Object
  System.IO.MemoryMappedFiles.MemoryMappedFile

public class MemoryMappedFile : IDisposable

名前説明
System_CAPS_pubpropertySafeMemoryMappedFileHandle

メモリ マップト ファイルのファイル ハンドルを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateFromFile(FileStream, String, Int64, MemoryMappedFileAccess, HandleInheritability, Boolean)

既存のファイルから、アクセス モード、名前、継承性、および容量が指定されたメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateFromFile(FileStream, String, Int64, MemoryMappedFileAccess, MemoryMappedFileSecurity, HandleInheritability, Boolean)

ディスク上のファイルから指定した名前、容量、アクセスの種類、セキュリティのアクセス許可、継承性、および破棄要件を持つメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateFromFile(String)

ディスク上のファイルからメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateFromFile(String, FileMode)

ディスク上のファイルから、アクセス モードが指定されたメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateFromFile(String, FileMode, String)

ディスク上のファイルから、アクセス モードと名前が指定されたメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateFromFile(String, FileMode, String, Int64)

ディスク上のファイルから、アクセス モード、名前、および容量が指定されたメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateFromFile(String, FileMode, String, Int64, MemoryMappedFileAccess)

ディスク上のファイルから、アクセス モード、名前、容量、およびアクセスの種類が指定されたメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateNew(String, Int64)

容量が指定されたメモリ マップト ファイルをシステム メモリ内で作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateNew(String, Int64, MemoryMappedFileAccess)

容量およびアクセスの種類が指定されたメモリ マップト ファイルをシステム メモリ内で作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateNew(String, Int64, MemoryMappedFileAccess, MemoryMappedFileOptions, HandleInheritability)

名前、容量、アクセスの種類、メモリ割り当てオプション、および継承性が指定されたメモリ マップト ファイルを作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateNew(String, Int64, MemoryMappedFileAccess, MemoryMappedFileOptions, MemoryMappedFileSecurity, HandleInheritability)

容量、アクセスの種類、メモリの割り当て、セキュリティ アクセス許可、および継承性が指定されたメモリ マップト ファイルをシステム メモリ内で作成します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateOrOpen(String, Int64)

容量が指定されたメモリ マップト ファイルをシステム メモリ内で作成するか、または開きます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateOrOpen(String, Int64, MemoryMappedFileAccess)

容量およびアクセスの種類が指定されたメモリ マップト ファイルをシステム メモリ内で作成するか、または開きます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateOrOpen(String, Int64, MemoryMappedFileAccess, MemoryMappedFileOptions, HandleInheritability)

新しい空のメモリ マップト ファイルを作成するか、同じ名前のファイルが存在する場合は既存のメモリ マップト ファイルを開きます。 既存のファイルを開く場合、容量、オプション、およびメモリ引数は無視されます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCreateOrOpen(String, Int64, MemoryMappedFileAccess, MemoryMappedFileOptions, MemoryMappedFileSecurity, HandleInheritability)

容量、アクセスの種類、メモリの割り当て、セキュリティ アクセス許可、および継承性が指定されたメモリ マップト ファイルをシステム メモリ内で作成するか、または開きます。

System_CAPS_pubmethodCreateViewAccessor()

作成、 MemoryMappedViewAccessor メモリ マップト ファイルのビューに対応します。

System_CAPS_pubmethodCreateViewAccessor(Int64, Int64)

作成、 MemoryMappedViewAccessor メモリ マップト ファイルのビューに対応して、指定したオフセットおよびサイズを持ちます。

System_CAPS_pubmethodCreateViewAccessor(Int64, Int64, MemoryMappedFileAccess)

作成、 MemoryMappedViewAccessor メモリ マップト ファイルのビューに対応して、指定したオフセット、サイズ、およびアクセス制限を持ちます。

System_CAPS_pubmethodCreateViewStream()

メモリ マップト ファイルのビューに対応するストリームを作成します。

System_CAPS_pubmethodCreateViewStream(Int64, Int64)

メモリ マップト ファイルのビューに対応する、オフセットとサイズが指定されたストリームを作成します。

System_CAPS_pubmethodCreateViewStream(Int64, Int64, MemoryMappedFileAccess)

メモリ マップト ファイルのビューに対応するオフセット、サイズ、およびアクセスの種類が指定されたストリームを作成します。

System_CAPS_pubmethodDispose()

MemoryMappedFile によって使用されているすべてのリソースを解放します。

System_CAPS_protmethodDispose(Boolean)

MemoryMappedFile によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetAccessControl()

メモリ マップト ファイル リソースへのアクセス制御を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticOpenExisting(String)

システム メモリ内で名前が指定されたメモリ マップト ファイルを開きます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticOpenExisting(String, MemoryMappedFileRights)

システム メモリ内で名前およびアクセス権が指定されたメモリ マップト ファイルを開きます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticOpenExisting(String, MemoryMappedFileRights, HandleInheritability)

システム メモリ内で名前、アクセス権、および継承性が指定されたメモリ マップト ファイルを開きます。

System_CAPS_pubmethodSetAccessControl(MemoryMappedFileSecurity)

メモリ マップト ファイル リソースへのアクセス制御を設定します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

A memory-mapped file maps the contents of a file to an application’s logical address space. Memory-mapped files enable programmers to work with extremely large files because memory can be managed concurrently, and they allow complete, random access to a file without the need for seeking. Memory-mapped files can also be shared across multiple processes.

The Overload:System.IO.MemoryMappedFiles.MemoryMappedFile.CreateFromFile methods create a memory-mapped file from a specified path or a T:System.IO.FileStream of an existing file on disk. Changes are automatically propagated to disk when the file is unmapped.

The Overload:System.IO.MemoryMappedFiles.MemoryMappedFile.CreateNew methods create a memory-mapped file that is not mapped to an existing file on disk; and are suitable for creating shared memory for interprocess communication (IPC).

A memory-mapped file is associated with a name.

You can create multiple views of the memory-mapped file, including views of parts of the file. You can map the same part of a file to more than one address to create concurrent memory. For two views to remain concurrent, they have to be created from the same memory-mapped file. Creating two file mappings of the same file with two views does not provide concurrency.

The following example creates a memory-mapped view of a part of an extremely large file and manipulates a portion of it.

using System;
using System.IO;
using System.IO.MemoryMappedFiles;
using System.Runtime.InteropServices;

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        long offset = 0x10000000; // 256 megabytes
        long length = 0x20000000; // 512 megabytes

        // Create the memory-mapped file.
        using (var mmf = MemoryMappedFile.CreateFromFile(@"c:\ExtremelyLargeImage.data", FileMode.Open,"ImgA"))
        {
            // Create a random access view, from the 256th megabyte (the offset)
            // to the 768th megabyte (the offset plus length).
            using (var accessor = mmf.CreateViewAccessor(offset, length))
            {
                int colorSize = Marshal.SizeOf(typeof(MyColor));
                MyColor color;

                // Make changes to the view.
                for (long i = 0; i < length; i += colorSize)
                {
                    accessor.Read(i, out color);
                    color.Brighten(10);
                    accessor.Write(i, ref color);
                }
            }
        }
    }
}

public struct MyColor
{
    public short Red;
    public short Green;
    public short Blue;
    public short Alpha;

    // Make the view brighter.
    public void Brighten(short value)
    {
        Red = (short)Math.Min(short.MaxValue, (int)Red + value);
        Green = (short)Math.Min(short.MaxValue, (int)Green + value);
        Blue = (short)Math.Min(short.MaxValue, (int)Blue + value);
        Alpha = (short)Math.Min(short.MaxValue, (int)Alpha + value);
    }
}

.NET Framework
4.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: