情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

IsolatedStorageFileStream.BeginWrite メソッド

2013/12/12

非同期の書き込みを開始します。

Namespace:  System.IO.IsolatedStorage
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public override IAsyncResult BeginWrite(
	byte[] buffer,
	int offset,
	int numBytes,
	AsyncCallback userCallback,
	Object stateObject
)

パラメーター

buffer
型: System.Byte []
データを書き込むバッファー。
offset
型: System.Int32
書き込みの開始位置を示す buffer 内のバイト オフセット。
numBytes
型: System.Int32
書き込む最大バイト数。
userCallback
型: System.AsyncCallback
非同期の書き込み操作が完了したときに呼び出すメソッド。このパラメーターはオプションです。
stateObject
型: System.Object
非同期の書き込みの状態。

戻り値

型: System.IAsyncResult
非同期の書き込みを表す IAsyncResult。まだ保留状態の場合もあります。書き込みが完了したことを確認してから、リソースを適切に解放するには、このストリームの EndWrite メソッドに IAsyncResult を渡す必要があります。この操作は、BeginWrite を呼び出した同じコードを使用するか、または BeginWrite に渡されたコールバックで行うことができます。

例外条件
IsolatedStorageException

分離ストアが削除されています。

または

分離ストレージは無効になっています。

ArgumentException

buffer の長さからオフセットを差し引いた値が、numBytes より小さい値です。

ArgumentNullException

buffernull です。

ArgumentOutOfRangeException

offset または numBytes が負の値です。

IOException

ファイルの末尾を越える位置で、非同期の読み取りが試行されました。

ObjectDisposedException

ストリームが破棄されています。

IsolatedStorageFileStream オブジェクトへの書き込みが可能なときにストリームの末尾で書き込みを行うと、ストリームが拡張されます。

ストリームの現在位置は、非同期の読み込みまたは書き込みが発行されたときに更新されます。I/O 操作の実行時ではありません。

書き込まれたバイト数を検出するために、このメソッドが返す IAsyncResult オブジェクトを使用して EndWrite を呼び出す必要があります。

バージョンについてのメモ

Windows Phone

このメソッドが Windows Phone アプリケーション内で呼び出されると、操作は同期処理として実行されます。大量のデータを書き込む必要があり、UI スレッドを中断したくない場合、新しいスレッドを作成し、そのスレッドの操作を実行することができます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: