この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

IOException クラス

 

I/O エラーが発生したときにスローされる例外。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.Exception
    System.SystemException
      System.IO.IOException
        System.IO.DirectoryNotFoundException
        System.IO.DriveNotFoundException
        System.IO.EndOfStreamException
        System.IO.FileLoadException
        System.IO.FileNotFoundException
        System.IO.PathTooLongException
        System.IO.PipeException

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class IOException : SystemException

名前説明
System_CAPS_pubmethodIOException()

メッセージ文字列を空の文字列 ("") に、HRESULT を COR_E_IO に、内部の例外を null 参照に設定して、IOException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_protmethodIOException(SerializationInfo, StreamingContext)

新しいインスタンスを初期化、 IOException クラスを指定したシリアル化とコンテキスト情報を使用します。

System_CAPS_pubmethodIOException(String)

メッセージ文字列を message に設定し、HRESULT を COR_E_IO に設定し、内部の例外を null に設定して、IOException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodIOException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、IOException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodIOException(String, Int32)

メッセージ文字列を message に設定し、HRESULT をユーザー定義に設定して、IOException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyData

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyHelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyHResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyInnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyMessage

現在の例外を説明するメッセージを取得します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertySource

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyStackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubpropertyTargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。(Exception から継承されました。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されました。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。(Exception から継承されました。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されました。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。(Exception から継承されました。)

名前説明
System_CAPS_proteventSerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。(Exception から継承されました。)

IOException は、ストリーム、ファイル、およびディレクトリを使用して情報にアクセスしているときにスローされる例外の基底クラスです。

基本クラス ライブラリには、次の種類では、それぞれがの派生クラスが含まれています IOException :。

必要に応じては、io 例外ではなく、これらの型を使用します。

IOException 値は 0x80131620 HRESULT COR_E_IO を使用します。

このコード例が示されている例の一部は、 FileStream.Lock メソッドです。

// Catch the IOException generated if the 
// specified part of the file is locked.
catch(IOException e)
{
    Console.WriteLine(
        "{0}: The write operation could not " +
        "be performed because the specified " +
        "part of the file is locked.", 
        e.GetType().Name);
}

Universal Windows Platform
8 から利用可能
.NET Framework
1.1 から利用可能
Portable Class Library
サポート対象 : portable .NET platforms
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
Windows Phone
8.1 から利用可能

すべてのパブリック構造体 (Shared Visual Basic では) メンバーは、スレッド セーフです。 Aインスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: