このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

IODescriptionAttribute クラス

イベント、エクステンダ、またはプロパティの参照時に、ビジュアル デザイナで表示できる説明を設定します。

この型のすべてのメンバの一覧については、IODescriptionAttribute メンバ を参照してください。

System.Object
   System.Attribute
      System.ComponentModel.DescriptionAttribute
         System.IO.IODescriptionAttribute

<AttributeUsage(AttributeTargets.All)>
Public Class IODescriptionAttribute
   Inherits DescriptionAttribute
[C#]
[AttributeUsage(AttributeTargets.All)]
public class IODescriptionAttribute : DescriptionAttribute
[C++]
[AttributeUsage(AttributeTargets::All)]
public __gc class IODescriptionAttribute : public
   DescriptionAttribute
[JScript]
public
   AttributeUsage(AttributeTargets.All)
class IODescriptionAttribute extends DescriptionAttribute

スレッドセーフ

この型の public static (Visual Basicでは Shared) のすべてのメンバは、マルチスレッド操作で安全に使用できます。インスタンスのメンバの場合は、スレッドセーフであるとは限りません。

解説

属性の使用方法の詳細については、「 属性を使用したメタデータの拡張 」を参照してください。

必要条件

名前空間: System.IO

プラットフォーム: Windows NT Server 4.0, Windows NT Workstation 4.0, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ

アセンブリ: System (System.dll 内)

参照

IODescriptionAttribute メンバ | System.IO 名前空間 | Attribute | PropertyDescriptor | EventDescriptor

表示: