このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FileSystemWatcher.Error イベント

内部バッファがオーバーフローしたときに発生します。

名前空間: System.IO
アセンブリ: System (system.dll 内)

public event ErrorEventHandler Error
/** @event */
public void add_Error (ErrorEventHandler value)

/** @event */
public void remove_Error (ErrorEventHandler value)

JScript では、イベントは使用できますが、新規に宣言することはできません。

システムは、ファイルの変更を通知し、コンポーネントが作成するバッファにその変更を格納して API に渡します。短時間に多くの変更が発生すると、バッファがオーバーフローすることがあります。これにより、コンポーネントはディレクトリの変更は追跡せず、ブランケットの通知だけを行います。バッファのサイズを大きくすると、そのメモリはディスクにスワップ アウトできない非ページ メモリから割り当てられるため、負荷は大きくなります。そのため、バッファはできるだけ小さくしてください。バッファのオーバーフローを防ぐには、NotifyFilterFilterIncludeSubdirectories の各プロパティを使用して、不必要な変更通知をフィルタで排除します。

メモメモ

一般的なファイル システム操作で、複数のイベントが発生することがあります。たとえば、あるディレクトリから別のディレクトリにファイルを移動するとき、複数の OnChangedOnCreatedOnDeleted の各イベントが発生することがあります。ファイルの移動は、複数の単純な操作から構成される複雑な操作です。そのため、複数のイベントが発生します。同様に、一部のアプリケーション (ウイルス対策ソフトウェアなど) では追加のファイル システム イベントが発生し、FileSystemWatcher で検出されることがあります。

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0、1.1、1.0
表示: