このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FileSystemInfo クラス

FileInfo オブジェクトと DirectoryInfo オブジェクトの両方の基本クラスを提供します。

この型のすべてのメンバの一覧については、FileSystemInfo メンバ を参照してください。

System.Object
   System.MarshalByRefObject
      System.IO.FileSystemInfo
         System.IO.DirectoryInfo
         System.IO.FileInfo

<Serializable>
MustInherit Public Class FileSystemInfo
   Inherits MarshalByRefObject
   Implements ISerializable
[C#]
[Serializable]
public abstract class FileSystemInfo : MarshalByRefObject,
   ISerializable
[C++]
[Serializable]
public __gc __abstract class FileSystemInfo : public
   MarshalByRefObject, ISerializable
[JScript]
public
   Serializable
abstract class FileSystemInfo extends MarshalByRefObject
   implements ISerializable

スレッドセーフ

この型の public static (Visual Basicでは Shared) のすべてのメンバは、マルチスレッド操作で安全に使用できます。インスタンスのメンバの場合は、スレッドセーフであるとは限りません。

解説

FileSystemInfo クラスには、ファイルとディレクトリの操作のために一般的に使用されるメソッドが含まれています。 FileSystemInfo オブジェクトは、ファイルまたはディレクトリのいずれでも表すことができるため、 FileInfo オブジェクトまたは DirectoryInfo オブジェクトの基盤として機能します。多数のファイルとディレクトリを解析する場合は、この基本クラスを使用します。

FileSystemInfo では、最初に呼び出されたときに Refresh を呼び出し、属性の取得などを行う API に関するキャッシュされた情報を返します。以降の呼び出しでは、 Refresh を呼び出して、最新の情報を取得する必要があります。

派生クラスは、 FileIOPermissionAccess 列挙体からの AllAccess アクセス許可を持つ場合にだけ、 FileSystemInfo から継承できます。

パスを受け入れるメンバでは、ファイルまたはディレクトリを参照するパスを指定できます。指定するパスは、相対パス、またはサーバーおよび共有名を示す UNC (Universal Naming Convention) パスにすることができます。たとえば、次に示すパスはすべて有効なパスです。

  • C# では "c:\\MyDir\\MyFile.txt"、Visual Basic では "c:\MyDir\MyFile.txt"。
  • C# では "c:\\MyDir"、Visual Basic では "c:\MyDir"。
  • C# では "MyDir\\MySubdir"、Visual Basic では "MyDir\MySubDir"。
  • C# では "\\\\MyServer\\MyShare"、Visual Basic では "\\MyServer\MyShare"。

その他の一般的な I/O タスクまたは関連する I/O タスクの例を次の表に示します。

実行するタスク 参考例があるトピック
テキスト ファイルを作成する。 ファイルへのテキストの書き込み
テキスト ファイルに書き込む。 ファイルへのテキストの書き込み
テキスト ファイルから読み取る。 ファイルからのテキストの読み取り
テキストをファイルに追加する。 ログ ファイルのオープンと追加

File.AppendText

FileInfo.AppendText

ファイルを削除する。 File.Delete

FileInfo.Delete

ファイルの名前を変更、またはファイルを移動する。 File.Move

FileInfo.MoveTo

ファイルをコピーする。 File.Copy

FileInfo.CopyTo

ディレクトリを作成する。 Directory.CreateDirectory

System.IO.DirectoryInfo

サブディレクトリを作成する。 CreateSubdirectory
ディレクトリの名前を変更、またはディレクトリを移動する。 Directory.Move

DirectoryInfo.MoveTo

ディレクトリを削除する。 Directory.Delete

DirectoryInfo.Delete

ディレクトリをコピーする。 Directory
ディレクトリ内のファイルをサイズ順に並べ替える。 GetFileSystemInfos
ディレクトリ内のファイルを参照する。 Name
ディレクトリ内のサブディレクトリを参照する。 GetDirectories

GetDirectories

ディレクトリ内のすべてのサブディレクトリにあるすべてのファイルを参照する。 GetFileSystemInfos
ディレクトリのサイズを取得する。 Directory
ファイルのサイズを取得する。 FileInfo.Length
ファイルの属性を取得する。 File.GetAttributes
ファイルの属性を設定する。 File.SetAttributes
ファイルが存在するかどうかを判別する。 File.Exists
バイナリ ファイルから読み取る。 新しく作成したデータ ファイルの読み取りと書き込み
バイナリ ファイルに書き込む。 新しく作成したデータ ファイルの読み取りと書き込み
ファイルの拡張子を取得する。 Path.GetExtension
ファイルの絶対パスを取得する。 Path.GetFullPath
パスからファイル名と拡張子を取得する。 Path.GetFileName
ファイルの拡張子を変更する。 Path.ChangeExtension

必要条件

名前空間: System.IO

プラットフォーム: Windows 98, Windows NT 4.0, Windows Millennium Edition, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ, .NET Compact Framework - Windows CE .NET

アセンブリ: Mscorlib (Mscorlib.dll 内)

参照

FileSystemInfo メンバ | System.IO 名前空間 | 入出力操作 | ファイルからのテキストの読み取り | ファイルへのテキストの書き込み | 基本のファイル I/O | 新しく作成したデータ ファイルの読み取りと書き込み

表示: