この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FileMode 列挙体

オペレーティング システムがファイルを開く方法を指定します。

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public enum FileMode

メンバー名説明
XNA Framework によるサポートCreateNewオペレーティング システムが新しいファイルを作成することを指定します。 この操作には FileIOPermissionAccess.Write が必要です。 ファイルが既に存在する場合は IOException がスローされます。
XNA Framework によるサポートCreateオペレーティング システムが新しいファイルを作成することを指定します。 ファイルが既に存在する場合は上書きされます。 この操作には FileIOPermissionAccess.Write が必要です。 System.IO.FileMode.Create は、ファイルが存在しない場合は CreateNew を使用した要求、ファイルが存在する場合は Truncate を使用した要求と等価です。 ファイルが既に存在していても、隠しファイルの場合は UnauthorizedAccessException がスローされます。
XNA Framework によるサポートOpenオペレーティング システムが既存のファイルを開くことを指定します。 ファイルを開けるかどうかは、FileAccess で指定される値によって異なります。 ファイルが存在しない場合は System.IO.FileNotFoundException がスローされます。
XNA Framework によるサポートOpenOrCreateファイルが存在する場合はオペレーティング システムがそのファイルを開き、存在しない場合は新しいファイルを作成することを指定します。 ファイルを FileAccess.Read で開く場合は FileIOPermissionAccess.Read が必要です。 ファイル アクセスが FileAccess.Write の場合は、FileIOPermissionAccess.Write が必要です。 ファイルを FileAccess.ReadWrite で開く場合は FileIOPermissionAccess.ReadFileIOPermissionAccess.Write の両方が必要です。 ファイル アクセスが FileAccess.Append の場合は、FileIOPermissionAccess.Append が必要です。
XNA Framework によるサポートTruncateオペレーティング システムが既存のファイルを開くことを指定します。 ファイルは、開いた後にサイズが 0 バイトになるように切り捨てられます。 この操作には FileIOPermissionAccess.Write が必要です。 Truncate を使用して開いたファイルから読み取ろうとすると、例外が発生します。
XNA Framework によるサポートAppendファイルが存在する場合はそのファイルを開き、ファイルの末尾をシークします。存在しない場合は新しいファイルを作成します。 FileMode.Append は、必ず FileAccess.Write と共に使用します。 ファイルの末尾の前の位置をシークしようとすると、IOException がスローされ、読み取り処理は失敗し、NotSupportedException がスローされます。

ファイルの作成およびテキストのファイルへの書き込みの例については、「方法 : ファイルにテキストを書き込む」を参照してください。 ファイルからのテキストの読み取りの例については、「方法 : ファイルからテキストを読み取る」を参照してください。 バイナリ ファイルの読み取りおよび書き込みの例については、「方法 : 新しく作成されたデータ ファイルに対して読み書きする」を参照してください。

FileMode パラメーターは、ファイルを開く方法を制御するために、FileStream の多数のコンストラクター、IsolatedStorageFileStream、および FileFileInfoOpen メソッドに指定します。

FileMode パラメーターは、ファイルを上書きするか、作成するか、または開くか、またはこれらのいくつかを組み合わせるかを制御します。 既存のファイルを開くには Open を使用します。 ファイルに追加するには Append を使用します。 ファイルを切り捨てたり、ファイルが存在しないときにファイルを作成するには Create を使用します。

次の FileStream コンストラクターは既存のファイルを開きます (FileMode.Open)。


FileStream s2 = new FileStream(name, FileMode.Open, FileAccess.Read, FileShare.Read);


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: