このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FileAttributes 列挙体

更新 : 2007 年 11 月

ファイルとディレクトリに属性を提供します。

この列挙体には、メンバ値のビットごとの組み合わせを可能にする FlagsAttribute 属性が含まれています。

名前空間 :  System.IO
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[FlagsAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public enum FileAttributes
/** @attribute SerializableAttribute */ 
/** @attribute FlagsAttribute */
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */
public enum FileAttributes
public enum FileAttributes

メンバ名説明
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifReadOnlyファイルは読み込み専用です。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifHiddenファイルは隠しファイルです。したがって通常のディレクトリ リストには表示されません。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifSystemシステム ファイルです。このファイルはオペレーティング システムの一部です。またはオペレーティング システムが排他的に使用します。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifDirectoryこのファイルはディレクトリです。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifArchiveファイルのアーカイブ状態。アプリケーションは、この属性を使用してバックアップや削除の対象となるファイルをマークします。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifDevice今後使用するために予約されています。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifNormal標準のファイルであり、他の属性セットは持ちません。この属性は単独で使用した場合だけ有効です。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifTemporary一時ファイルです。ファイル システムは、アクセス速度を上げるために、データをフラッシュして大容量ストレージに返すのではなく、すべてのデータをメモリに保持しようとします。一時ファイルが不要になったときは、すぐにアプリケーションで削除します。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifSparseFileスパース ファイルです。スパース ファイルは、通常、データの大部分が 0 である大きなファイルです。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifReparsePointファイルには、ファイルまたはディレクトリに関連付けられたユーザー定義のデータ ブロックである、リパース ポイントが含まれています。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifCompressedファイルは圧縮されています。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifOfflineファイルはオフラインです。オフラインのファイルのデータは、即時には使用できません。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifNotContentIndexedファイルには、オペレーティング システムの内容インデックス付けサービスによるインデックスは付いていません。
9f93fa06.CFW(ja-jp,VS.90).gif9f93fa06.xna(ja-jp,VS.90).gifEncryptedファイルまたはディレクトリは暗号化されています。ファイルの場合は、ファイルのすべてのデータが暗号化されています。ディレクトリの場合は、新規作成されるファイルおよびディレクトリが既定で暗号化されます。

ファイルの作成およびテキストのファイルへの書き込みの例については、「方法 : ファイルにテキストを書き込む」を参照してください。ファイルからのテキストの読み取りの例については、「方法 : ファイルからテキストを読み取る」を参照してください。バイナリ ファイルの読み取りおよび書き込みの例については、「方法 : 新しく作成されたデータ ファイルに対して読み書きする」を参照してください。

これらの属性はすべて WinNT.h の属性に対応しています。ただし、すべての属性がファイルとディレクトリの両方に適用されるわけではありません。

SetAttributes メソッドを使用して、File オブジェクトの圧縮状態を変更することはできません。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98, Windows CE, Windows Mobile for Smartphone, Windows Mobile for Pocket PC, Xbox 360

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 3.5、2.0、1.0

XNA Framework

サポート対象 : 2.0、1.0
表示: