この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

File.Delete メソッド (String)

 

公開日: 2016年10月

指定されたファイルを削除します。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static void Delete(
	string path
)

パラメーター

path
Type: System.String

削除するファイルの名前。 ワイルドカード文字はサポートされていません。

Exception Condition
ArgumentException

path は長さ 0 の文字列か、空白のみで構成されるか、または InvalidPathChars で定義される 1 つ以上の正しくない文字を含んでいます。

ArgumentNullException

pathnull です。

DirectoryNotFoundException

指定されたパスが正しくありません (たとえば、マップされていないドライブにあるなど)。

IOException

指定されたファイルは、使用されています。

または

ファイルに開いているハンドルがあり、オペレーティング システムが Windows XP かそれ以前のバージョンです。 このハンドルが開いている原因は、ディレクトリおよびファイルを列挙したことにある可能性があります。 詳細については、「方法: ディレクトリとファイルを列挙する」を参照してください。

NotSupportedException

path の形式が正しくありません。

PathTooLongException

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。 たとえば、Windows ベースのプラットフォームでは、パスは 248 文字未満、ファイル名は 260 文字未満でなければなりません。

UnauthorizedAccessException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

または

ファイルは使用されている実行可能ファイルです。

または

path はディレクトリです。

または

path は読み取り専用ファイルを指定しました。

Specify a file name with any relative or absolute path information for the path parameter. Wildcard characters cannot be included. Relative path information is interpreted as relative to the current working directory. To obtain the current working directory, see M:System.IO.Directory.GetCurrentDirectory.

If the file to be deleted does not exist, no exception is thrown.

For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

WinNt4Family

Delete does not delete a file that is open for normal I/O or a file that is memory mapped.

The following example copies groups of files to the C:\archives\2008 backup folder and then deletes them from the source folder.

string sourceDir = @"c:\current";
string backupDir = @"c:\archives\2008";

try
{
    string[] picList = Directory.GetFiles(sourceDir, "*.jpg");
    string[] txtList = Directory.GetFiles(sourceDir, "*.txt");

    // Copy picture files.
    foreach (string f in picList)
    {
        // Remove path from the file name.
        string fName = f.Substring(sourceDir.Length + 1);

        // Use the Path.Combine method to safely append the file name to the path.
        // Will overwrite if the destination file already exists.
        File.Copy(Path.Combine(sourceDir, fName), Path.Combine(backupDir, fName), true);
    }

    // Copy text files.
    foreach (string f in txtList)
    {

        // Remove path from the file name.
        string fName = f.Substring(sourceDir.Length + 1);

        try
        {
            // Will not overwrite if the destination file already exists.
            File.Copy(Path.Combine(sourceDir, fName), Path.Combine(backupDir, fName));
        }

        // Catch exception if the file was already copied.
        catch (IOException copyError)
        {
            Console.WriteLine(copyError.Message);
        }
    }

    // Delete source files that were copied.
    foreach (string f in txtList)
    {
        File.Delete(f);
    }
    foreach (string f in picList)
    {
        File.Delete(f);
    }
}

catch (DirectoryNotFoundException dirNotFound)
{
    Console.WriteLine(dirNotFound.Message);
}

FileIOPermission

for deleting the specified file. Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.FileIOPermissionAccess.Write

ユニバーサル Windows プラットフォーム
10 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: