エクスポート (0) 印刷
すべて展開

ErrorEventHandler デリゲート

FileSystemWatcherError イベントを処理するメソッドを表します。

<Serializable>
Public Delegate Sub ErrorEventHandler( _
   ByVal sender As Object, _
   ByVal e As ErrorEventArgs _
)
[C#]
[Serializable]
public delegate void ErrorEventHandler(
   object sender,
   ErrorEventArgs e
);
[C++]
[Serializable]
public __gc __delegate void ErrorEventHandler(
   Object* sender,
   ErrorEventArgs* e
);

[JScript] JScript では、.NET Framework のデリゲートを利用することができます。ただし、独自に定義することはできません。

パラメータ [Visual Basic, C#, C++]

作成するイベント ハンドラは、ErrorEventHandler クラスのデリゲート定義と同一のパラメータを持つ必要があります。

sender
イベントのソース。
e
イベント データを格納している ErrorEventArgs

解説

ErrorEventHandler デリゲートを作成する場合は、イベントを処理するメソッドを指定します。イベントとイベント処理メソッドを関連付けるには、デリゲートのインスタンスをイベントに追加します。デリゲートを削除しない限り、そのイベントが発生すると常にイベント ハンドラ メソッドが呼び出されます。イベント ハンドラ デリゲートの詳細については、「 イベントとデリゲート 」を参照してください。

必要条件

名前空間: System.IO

プラットフォーム: Windows NT Server 4.0, Windows NT Workstation 4.0, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ

アセンブリ: System (System.dll 内)

参照

System.IO 名前空間 | ErrorEventArgs | FileSystemWatcher

表示:
© 2015 Microsoft