このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
DirectoryNotFoundException クラス
Collapse the table of content
Expand the table of content
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

DirectoryNotFoundException クラス

ファイルまたはディレクトリの一部が見つからない場合にスローされる例外。

System.Object
  System.Exception
    System.SystemException
      System.IO.IOException
        System.IO.DirectoryNotFoundException

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class DirectoryNotFoundException : IOException

DirectoryNotFoundException 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートDirectoryNotFoundException()メッセージ文字列がシステムによって提供されたメッセージに設定され、HRESULT が COR_E_DIRECTORYNOTFOUND に設定された DirectoryNotFoundException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートDirectoryNotFoundException(String)メッセージ文字列を message に設定し、HRESULT を COR_E_DIRECTORYNOTFOUND に設定して、DirectoryNotFoundException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
プロテクト メソッドDirectoryNotFoundException(SerializationInfo, StreamingContext)指定したシリアル化情報とコンテキスト情報を使用して、DirectoryNotFoundException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドDirectoryNotFoundException(String, Exception)指定したエラー メッセージと、この例外の原因である内部例外への参照を使用して、DirectoryNotFoundException クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティData例外に関する追加のユーザー定義情報を提供するキー/値ペアのコレクションを取得します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティHelpLink例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポートHResult特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポートInnerException現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポートMessage現在の例外を説明するメッセージを取得します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティSourceエラーの原因となったアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティXNA Framework によるサポートStackTrace呼び出し履歴の直前のフレームの文字列形式を取得します。 (Exception から継承されます。)
パブリック プロパティTargetSite現在の例外がスローされたメソッドを取得します。 (Exception から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートEquals(Object)指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポートFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートGetBaseException派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。 (Exception から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートGetHashCode既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetObjectData派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。 (Exception から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートGetType現在のインスタンスのランタイム型を取得します。 (Exception から継承されます。)

XNA Framework 3.0 では、このメンバーは Object.GetType() から継承されています
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポートMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートToString現在の例外の文字列形式を作成して返します。 (Exception から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
プロテクト イベントSerializeObjectState例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを格納する例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。 (Exception から継承されます。)
このページのトップへ

DirectoryNotFoundException は、値 0x80070003 の HRESULT COR_E_DIRECTORYNOTFOUND を使用します。 DirectoryNotFoundException は、COM 相互運用プログラムが値 0x80030003 の HRESULT STG_E_PATHNOTFOUND を参照するときにもスローされるため注意してください。

コードに PathDiscovery のアクセス許可がない場合、この実行のエラー メッセージには、絶対パスではなく、ファイル名またはディレクトリ名しか含まれていないことがあります。

DirectoryNotFoundException の強制的な発生や、このエラーからの回復を行う方法を次の例に示します。


using System;
using System.IO;

class Program
{

    static void Main(string[] args)
    {
        try
        {

            //  Specify a directory name that does not exist for this demo.
            string dir = @"c:\78fe9lk";

            // If this directory does not exist, a DirectoryNotFoundException is thrown
            // when attempting to set the current directory.
            Directory.SetCurrentDirectory(dir);
        }
        catch (DirectoryNotFoundException dirEx)
        {
			// Let the user know that the directory did not exist.
            Console.WriteLine("Directory not found: " + dirEx.Message);
        }
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

パブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーがこの型である場合は、いずれもスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft