この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DirectoryNotFoundException クラス

 

公開日: 2016年10月

ファイルまたはディレクトリの一部が見つからない場合にスローされる例外。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.Exception
    System.SystemException
      System.IO.IOException
        System.IO.DirectoryNotFoundException

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class DirectoryNotFoundException : IOException

名前説明
System_CAPS_pubmethodDirectoryNotFoundException()

新しいインスタンスを初期化、 DirectoryNotFoundException メッセージ文字列をシステム提供のメッセージに設定して、HRESULT COR_E_DIRECTORYNOTFOUND に設定します。

System_CAPS_protmethodDirectoryNotFoundException(SerializationInfo, StreamingContext)

新しいインスタンスを初期化、 DirectoryNotFoundException クラスを指定したシリアル化とコンテキスト情報を使用します。

System_CAPS_pubmethodDirectoryNotFoundException(String)

新しいインスタンスを初期化、 DirectoryNotFoundException メッセージ文字列設定した message され、HRESULT が COR_E_DIRECTORYNOTFOUND に設定します。

System_CAPS_pubmethodDirectoryNotFoundException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、DirectoryNotFoundException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyData

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyHResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyInnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyMessage

現在の例外を説明するメッセージを取得します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertySource

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyStackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。(Exception から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。(Exception から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。(Exception から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_proteventSerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。(Exception から継承されます。)

DirectoryNotFoundException uses the HRESULT COR_E_DIRECTORYNOTFOUND which has the value 0x80070003. Note that DirectoryNotFoundException is also thrown when COM interop programs see the HRESULT STG_E_PATHNOTFOUND, which has the value 0x80030003.

If your code does not have P:System.Security.Permissions.FileIOPermissionAttribute.PathDiscovery permission, the error message for this exception may only contain file or directory names instead of fully qualified paths.

The following example shows how to force and recover from a T:System.IO.DirectoryNotFoundException.

using System;
using System.IO;

class Program
{

    static void Main(string[] args)
    {
        try
        {

            //  Specify a directory name that does not exist for this demo.
            string dir = @"c:\78fe9lk";

            // If this directory does not exist, a DirectoryNotFoundException is thrown
            // when attempting to set the current directory.
            Directory.SetCurrentDirectory(dir);
        }
        catch (DirectoryNotFoundException dirEx)
        {
			// Let the user know that the directory did not exist.
            Console.WriteLine("Directory not found: " + dirEx.Message);
        }
    }
}

ユニバーサル Windows プラットフォーム
10 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: