このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

DirectoryNotFoundException クラス

ファイルまたはディレクトリの一部が見つからない場合にスローされる例外。

この型のすべてのメンバの一覧については、DirectoryNotFoundException メンバ を参照してください。

System.Object
   System.Exception
      System.SystemException
         System.IO.IOException
            System.IO.DirectoryNotFoundException

<Serializable>
Public Class DirectoryNotFoundException
   Inherits IOException
[C#]
[Serializable]
public class DirectoryNotFoundException : IOException
[C++]
[Serializable]
public __gc class DirectoryNotFoundException : public IOException
[JScript]
public
   Serializable
class DirectoryNotFoundException extends IOException

スレッドセーフ

この型の public static (Visual Basicでは Shared) のすべてのメンバは、マルチスレッド操作で安全に使用できます。インスタンスのメンバの場合は、スレッドセーフであるとは限りません。

解説

DirectoryNotFoundException は、値 0x80070003 の HRESULT COR_E_DIRECTORYNOTFOUND を使用します。 DirectoryNotFoundException は、COM 相互運用プログラムが値 0x80030003 の HRESULT STG_E_PATHNOTFOUND を参照するときにもスローされるため注意してください。

必要条件

名前空間: System.IO

プラットフォーム: Windows 98, Windows NT 4.0, Windows Millennium Edition, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ, .NET Compact Framework - Windows CE .NET

アセンブリ: Mscorlib (Mscorlib.dll 内)

参照

DirectoryNotFoundException メンバ | System.IO 名前空間 | Exception | 例外の処理とスロー | 入出力操作 | ファイルからのテキストの読み取り | ファイルへのテキストの書き込み

表示: