この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Directory.SetLastAccessTime メソッド

指定したファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした日付と時刻を設定します。

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static void SetLastAccessTime(
	string path,
	DateTime lastAccessTime
)

パラメーター

path
型: System.String
アクセス日時情報を設定する対象のファイルまたはディレクトリ。
lastAccessTime
型: System.DateTime
path のアクセス日時の設定値を含む DateTime この値は現地時刻で表示されます。

例外条件
FileNotFoundException

指定したパスが見つかりませんでした。

ArgumentException

path が、長さが 0 の文字列であるか、空白しか含んでいないか、または InvalidPathChars で定義されている無効な文字を 1 つ以上含んでいます。

ArgumentNullException

pathnull です。

PathTooLongException

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。 たとえば、Windows ベースのプラットフォームの場合、パスの長さは 248 文字未満、ファイル名の長さは 260 文字未満である必要があります。

UnauthorizedAccessException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

PlatformNotSupportedException

現在のオペレーティング システムは Windows NT 以降ではありません。

ArgumentOutOfRangeException

lastAccessTime は、この操作で許可される日付または時刻の範囲を超える値を指定します。

path パラメーターは、相対パス情報または絶対パス情報を指定することを許可されています。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対して相対的に解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、GetCurrentDirectory のトピックを参照してください。

path パラメーターでは大文字と小文字が区別されません。

共通 I/O タスクの一覧については、「共通 I/O タスク」を参照してください。

プラットフォーム メモ: これらのオペレーティング システムではこのメソッドはサポートされません。

SetLastAccessTime を実行するコード例を次に示します。


using System;
using System.IO;

class Test 
{
    public static void Main() 
    {
        try 
        {
            string path = @"c:\MyDir";
            if (!Directory.Exists(path)) 
            {
                Directory.CreateDirectory(path);
            }
            Directory.SetLastAccessTime(path, new DateTime(1985,5,4));

            // Get the last access time of a well-known directory.
            DateTime dt = Directory.GetLastAccessTime(path);
            Console.WriteLine("The last access time for this directory was {0}", dt);
			
            // Update the last access time.
            Directory.SetLastAccessTime(path, DateTime.Now);
            dt = Directory.GetLastAccessTime(path);
            Console.WriteLine("The last access time for this directory was {0}", dt);
        } 

        catch (Exception e) 
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        }
    }
}


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: