この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Directory.GetLastWriteTimeUtc メソッド (String)

 

指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻を世界協定時刻 (UTC) 形式で返します。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static DateTime GetLastWriteTimeUtc(
	string path
)

パラメーター

path
Type: System.String

変更日時情報を取得する対象のファイルまたはディレクトリ。

戻り値

Type: System.DateTime

指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日時に設定された構造体。 この値は UTC 時刻で表現されます。

Exception Condition
UnauthorizedAccessException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

ArgumentException

path は長さ 0 の文字列か、空白のみで構成されているか、または 1 つ以上の正しくない文字を含んでいます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

ArgumentNullException

pathnull です。

PathTooLongException

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。 たとえば、Windows ベースのプラットフォームでは、パスは 248 文字未満、ファイル名は 260 文字未満にする必要があります。

System_CAPS_noteメモ

このメソッドは、オペレーティング システムでの値を持つは継続的に更新できませんネイティブ関数を使用しているためにが不正確な値を返すことがあります。

ディレクトリが記述されている場合、 path パラメーターが存在しないか、このメソッドは、西暦 1601 年 1 月 1 日深夜 12時 00分を返します。(西暦)世界協定時刻 (UTC)。

共通 I/O タスクの一覧は、次を参照してください。 共通 I/O タスクします。

次の例は、世界協定時刻 (UTC) を使用した場合の出力の違いを示しています。

// This sample shows the differences between dates from methods that use
//coordinated universal time (UTC) format and those that do not.
using System;
using System.IO;

namespace IOSamples
{
  public class DirectoryUTCTime
  {
    public static void Main()
    {
	// Set the directory.
      string n = @"C:\test\newdir";
		//Create two variables to use to set the time.
	  DateTime dtime1 = new DateTime(2002, 1, 3);
	  DateTime dtime2 = new DateTime(1999, 1, 1);

	//Create the directory.
	  try
	  {
		  Directory.CreateDirectory(n);
	  }
	  catch (IOException e)
	  {
		  Console.WriteLine(e);
	  }

	//Set the creation and last access times to a variable DateTime value.
	  Directory.SetCreationTime(n, dtime1);
	  Directory.SetLastAccessTimeUtc(n, dtime1);

		// Print to console the results.
	  Console.WriteLine("Creation Date: {0}", Directory.GetCreationTime(n));
	  Console.WriteLine("UTC creation Date: {0}", Directory.GetCreationTimeUtc(n));
	  Console.WriteLine("Last write time: {0}", Directory.GetLastWriteTime(n));
	  Console.WriteLine("UTC last write time: {0}", Directory.GetLastWriteTimeUtc(n));
	  Console.WriteLine("Last access time: {0}", Directory.GetLastAccessTime(n));
	  Console.WriteLine("UTC last access time: {0}", Directory.GetLastAccessTimeUtc(n));

		//Set the last write time to a different value.
      Directory.SetLastWriteTimeUtc(n, dtime2);
	  Console.WriteLine("Changed last write time: {0}", Directory.GetLastWriteTimeUtc(n));
    }
  }
}
// Obviously, since this sample deals with dates and times, the output will vary
// depending on when you run the executable. Here is one example of the output:
//Creation Date: 1/3/2002 12:00:00 AM
//UTC creation Date: 1/3/2002 8:00:00 AM
//Last write time: 12/31/1998 4:00:00 PM
//UTC last write time: 1/1/1999 12:00:00 AM
//Last access time: 1/2/2002 4:00:00 PM
//UTC last access time: 1/3/2002 12:00:00 AM
//Changed last write time: 1/1/1999 12:00:00 AM

FileIOPermission

for reading the specified file or directory. Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.FileIOPermissionAccess.Read

ユニバーサル Windows プラットフォーム
10 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: