この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Directory.GetLastWriteTime メソッド

信頼されたアプリケーションから呼び出されると、指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻を返します。

名前空間:  System.IO
アセンブリ :  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static DateTime GetLastWriteTime(
	string path
)

パラメーター

path
型 : System.String
変更日時情報を取得する対象のファイルまたはディレクトリ。

戻り値

型 : System.DateTime
指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻に設定された DateTime 構造体。 この値は現地時刻で表示されます。

例外条件
UnauthorizedAccessException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

ArgumentException

path が、長さが 0 の文字列であるか、空白しか含んでいないか、または無効な文字を 1 つ以上含んでいます。

ArgumentNullException

pathnull です。

PathTooLongException

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。 たとえば、Windows ベースのプラットフォームの場合、パスの長さは 248 文字未満、ファイル名の長さは 260 文字未満である必要があります。

プラットフォーム メモ

Silverlight for Windows Phone Silverlight for Windows Phone
 Silverlight for Windows Phone では、このメンバーに SecurityCriticalAttribute 属性が (Silverlight 3 に存在していたため) 割り当てられています。
この属性によって、このメンバーが内部使用に制限されます。 このメンバーを使用するアプリケーション コードは MethodAccessException をスローします。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

XNA Framework

サポート対象 : Xbox 360、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示: