この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

BinaryWriter クラス

 

公開日: 2016年10月

プリミティブ型をバイナリでストリームに書き込みます。特定のエンコーディングの文字列の書き込みをサポートします。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.IO.BinaryWriter

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class BinaryWriter : IDisposable

名前説明
System_CAPS_protmethodBinaryWriter()

新しいインスタンスを初期化、 BinaryWriter をストリームに書き込みを行う。

System_CAPS_pubmethodBinaryWriter(Stream)

指定したストリームに基づき、UTF-8 エンコーディングを使用する BinaryWriter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodBinaryWriter(Stream, Encoding)

指定したストリームと文字エンコーディングに基づいて、BinaryWriter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodBinaryWriter(Stream, Encoding, Boolean)

指定したストリームと文字エンコーディングに基づいて BinaryWriter クラスの新しいインスタンスを初期化し、必要に応じて、ストリームを開いたままにします。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyBaseStream

基になるストリームを取得、 BinaryWriterです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodClose()

現在の閉じ BinaryWriter と基になるストリーム。

System_CAPS_pubmethodDispose()

BinaryWriter クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

System_CAPS_protmethodDispose(Boolean)

BinaryWriter によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFlush()

現在のライターのすべてのバッファーをクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSeek(Int32, SeekOrigin)

現在のストリーム内の位置を設定します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodWrite(Boolean)

1 バイトを書き込みます Boolean 値 0 を表す、現在のストリームに false 1 を表すと trueです。

System_CAPS_pubmethodWrite(Byte)

現在のストリームに符号なしバイトを書き込み、ストリームの位置を 1 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Byte[])

バイト配列を基になるストリームに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト配列の領域を書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Char)

現在のストリームに Unicode 文字を書き込み、に従ってストリームの現在位置を進めます、 Encoding 使用され、特定の文字のストリームに書き込まれています。

System_CAPS_pubmethodWrite(Char[])

現在のストリームに文字配列を書き込み、に従ってストリームの現在位置を進めます、 Encoding 使用され、特定の文字のストリームに書き込まれています。

System_CAPS_pubmethodWrite(Char[], Int32, Int32)

現在のストリームに文字配列のセクションを書き込み、に従ってストリームの現在位置を進めます、 Encoding 使用され、特定の文字のストリームに書き込まれています。

System_CAPS_pubmethodWrite(Decimal)

10 進値を現在のストリームに書き込みますおよびストリームの位置を 16 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Double)

8 バイト浮動小数点値を現在のストリームに書き込みますおよびストリームの位置を 8 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Int16)

現在のストリームに 2 バイト符号付き整数を書き込みますおよびストリームの位置を 2 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Int32)

現在のストリームに 4 バイト符号付き整数を書き込みますおよびストリームの位置を 4 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Int64)

現在のストリームに 8 バイト符号付き整数を書き込みますおよびストリームの位置を 8 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(SByte)

符号付きバイトを現在のストリームに書き込みますおよびストリームの位置を 1 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Single)

4 バイト浮動小数点値を現在のストリームに書き込みますおよびストリームの位置を 4 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(String)

このストリームの現在のエンコーディングに固定長の文字列を書き込み、 BinaryWriter, 、ストリームに書き込まれている特定の文字と、使用するエンコードに従ってストリームの現在位置を進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(UInt16)

現在のストリームに 2 バイト符号なし整数を書き込みますおよびストリームの位置を 2 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(UInt32)

現在のストリームに 4 バイト符号なし整数を書き込みますおよびストリームの位置を 4 バイトだけ進めます。

System_CAPS_pubmethodWrite(UInt64)

現在のストリームに 8 バイト符号なし整数を書き込みますおよびストリームの位置を 8 バイトだけ進めます。

System_CAPS_protmethodWrite7BitEncodedInt(Int32)

圧縮された形式では、32 ビット整数を書き込みます。

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticNull

指定する BinaryWriter バッキング ストアを持たない。

System_CAPS_protfieldOutStream

基になるストリームが保持されます。

BinaryWriter クラスは、プリミティブ データ型のストリームへの書き込みを簡略化するメソッドを提供します。 たとえば、使用、 Write にブール値を 1 バイト値としてストリームに書き込みます。 クラスには、さまざまなデータ型をサポートする書き込みメソッドが含まれています。

新しいインスタンスを作成するときに、 BinaryWriter クラス、書き込み、ストリームを提供し、必要に応じてエンコードの種類を指定して破棄した後に、ストリームのままにするかどうかを開く、 BinaryWriter オブジェクトです。 エンコードの種類を指定しない場合は、utf-8 が使用されます。

System_CAPS_important重要

この型は、 IDisposable インターフェイスです。 型の使用が完了したらを直接または間接的にその破棄する必要があります。 型を直接に破棄するには、try/catch ブロックで Dispose メソッドを呼び出します。 間接的に破棄する場合は、 using (C#) または Using (Visual Basic) 言語構成要素を使用します。 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピックの "IDisposable を実装するオブジェクトを使用する" セクションを参照してください 。

派生クラスでは、固有の文字エンコーディングを指定するには、このクラスのメソッドをオーバーライドできます。

次のコード例では、保管およびファイル内のアプリケーション設定を取得する方法を示します。

using System;
using System.IO;

class ConsoleApplication
{
    const string fileName = "AppSettings.dat";

    static void Main()
    {
        WriteDefaultValues();
        DisplayValues();
    }

    public static void WriteDefaultValues()
    {
        using (BinaryWriter writer = new BinaryWriter(File.Open(fileName, FileMode.Create)))
        {
            writer.Write(1.250F);
            writer.Write(@"c:\Temp");
            writer.Write(10);
            writer.Write(true);
        }
    }

    public static void DisplayValues()
    {
        float aspectRatio;
        string tempDirectory;
        int autoSaveTime;
        bool showStatusBar;

        if (File.Exists(fileName))
        {
            using (BinaryReader reader = new BinaryReader(File.Open(fileName, FileMode.Open)))
            {
                aspectRatio = reader.ReadSingle();
                tempDirectory = reader.ReadString();
                autoSaveTime = reader.ReadInt32();
                showStatusBar = reader.ReadBoolean();
            }

            Console.WriteLine("Aspect ratio set to: " + aspectRatio);
            Console.WriteLine("Temp directory is: " + tempDirectory);
            Console.WriteLine("Auto save time set to: " + autoSaveTime);
            Console.WriteLine("Show status bar: " + showStatusBar);
        }
    }
}

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: