このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

InvalidOperationException クラス

オブジェクトの現在の状態に対して無効なメソッド呼び出しが行われた場合にスローされる例外。

名前空間: System
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute] 
[ComVisibleAttribute(true)] 
public class InvalidOperationException : SystemException
/** @attribute SerializableAttribute() */ 
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */ 
public class InvalidOperationException extends SystemException
SerializableAttribute 
ComVisibleAttribute(true) 
public class InvalidOperationException extends SystemException

InvalidOperationException は、引数が無効であること以外の原因でメソッドの呼び出しが失敗した場合に使用されます。たとえば、次のメソッドによって InvalidOperationException がスローされます。

  • MoveNext メソッドは、列挙子を作成した後でコレクションのオブジェクトが変更された場合に、この例外をスローします。

  • GetString メソッドは、呼び出される前にリソース セットが閉じていた場合に、この例外をスローします。

引数が無効であることが原因でメソッドの呼び出しが失敗した場合は、代わりに ArgumentException をスローするか、その派生クラスである ArgumentNullException または ArgumentOutOfRangeException をスローする必要があります。

  • MSIL (Microsoft Intermediate Language) の Ldflda 命令は、InvalidOperationException をスローします。

InvalidOperationException は、値 0x80131509 を保持する HRESULT COR_E_INVALIDOPERATION を使用します。

InvalidOperationException のインスタンスの初期プロパティ値の一覧については、InvalidOperationException コンストラクタのトピックを参照してください。

System.Object
   System.Exception
     System.SystemException
      System.InvalidOperationException
         System.Net.NetworkInformation.PingException
         System.Net.ProtocolViolationException
         System.Net.WebException
         System.ObjectDisposedException

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows CE, Windows Millennium Edition, Windows Mobile for Pocket PC, Windows Mobile for Smartphone, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0、1.0
表示: