エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

ICloneable インターフェイス

クローン作成をサポートします。クローン作成とは、既存のインスタンスと同じ値で、クラスの新しいインスタンスを作成することです。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)]
public interface ICloneable

ICloneable 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートClone現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。
このページのトップへ

ICloneable のインターフェイスは、既存のオブジェクトのコピーを作成するカスタマイズされた実装を提供することができます。 ICloneable のインターフェイスは、1 人のメンバー、Object.MemberwiseCloneによって提供されるそれ以外の複製をサポートする Clone のメソッドが含まれています。複製の作成、詳細コピーとシャロー コピー、および例については、Object.MemberwiseClone メソッドを参照してください。

実装時の注意

ICloneable のインターフェイスは Clone のメソッドは、の実装で現在のオブジェクト インスタンスのコピーだけに必要です。 複製操作が深いコピー、簡易コピー、または中間処理を実行するかは指定しません。 コントロールは元のインスタンスのすべてのプロパティ値が新しいインスタンスにコピーする必要があります。 たとえば、NumberFormatInfo.Clone のメソッドは NumberFormatInfo.IsReadOnly のプロパティを除くすべてのプロパティの簡易コピーを実行します; これは、複製されたオブジェクトの false にこのプロパティ値を常に設定します。 Clone の呼び出し元が予測可能な複製操作を実行するメソッドに依存できないため、ことを ICloneable パブリック API で実装されていないために推奨します。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft