この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TextInfo クラス

 

公開日: 2016年10月

大文字と小文字を区別するかどうかなど、書記体系に固有のテキストのプロパティと動作を定義します。

名前空間:   System.Globalization
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

System.Object
  System.Globalization.TextInfo

[SerializableAttribute]
[ComVisibleAttribute(true)]
public class TextInfo : ICloneable, IDeserializationCallback

名前説明
System_CAPS_pubpropertyANSICodePage

現在の書記体系で使用される米国規格協会 (ANSI) コード ページを取得 TextInfoします。

System_CAPS_pubpropertyCultureName

現在関連付けられているカルチャの名前を取得 TextInfo オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyEBCDICCodePage

現在の書記体系で使用される拡張 Binary Coded Decimal Interchange コード (EBCDIC) コード ページを取得 TextInfoします。

System_CAPS_pubpropertyIsReadOnly

示す値を取得するかどうか、現在 TextInfo オブジェクトは読み取り専用です。

System_CAPS_pubpropertyIsRightToLeft

示す値を取得するかどうか、現在 TextInfo オブジェクトは、書記体系のテキストが右から左にフローする場所を表します。

System_CAPS_pubpropertyLCID

現在関連付けられているカルチャのカルチャ識別子を取得 TextInfo オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyListSeparator

リスト内の項目を区切る文字列を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyMacCodePage

現在の書記体系で使用する Macintosh コード ページを取得 TextInfoします。

System_CAPS_pubpropertyOEMCodePage

現在の書記体系で使用する相手先ブランド供給業者 (OEM) コード ページを取得 TextInfoします。

名前説明
System_CAPS_pubmethodClone()

現在のコピーである新しいオブジェクトを作成 TextInfo オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが現在と同じ書記体系を表すかどうかを判断 TextInfo オブジェクトです。(Object.Equals(Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

現在の TextInfo のハッシュ関数として機能します。ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。(Object.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticReadOnly(TextInfo)

指定された読み取り専用バージョンを返す TextInfo オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodToLower(Char)

指定した文字を小文字に変換します。

System_CAPS_pubmethodToLower(String)

指定した文字列を小文字に変換します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在の TextInfo を表す文字列を返します。(Object.ToString() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodToTitleCase(String)

指定した文字列を (頭字語と見なされる、すべてが大文字で記載された単語を除き)、英語見出しと同じ大文字/小文字の組み合わせに変換します。

System_CAPS_pubmethodToUpper(Char)

指定した文字を大文字に変換します。

System_CAPS_pubmethodToUpper(String)

指定した文字列を大文字に変換します。

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDeserializationCallback.OnDeserialization(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 逆シリアル化が完了したときに逆シリアル化イベントを発生させます。

書記体系は、スクリプトおよびテキストの言語を表すために必要正投影のルールのコレクションです。 TextInfo クラスは、書記体系を表します。

アプリケーションを使用する必要があります、 CultureInfo.TextInfo を取得するプロパティ、 TextInfo 、特定のオブジェクト CultureInfo オブジェクトです。 セキュリティに関する決定は、文字列の比較またはケース変更操作に依存する場合、アプリケーションを使用する必要があります、 CultureInfo.TextInfo によって返されるオブジェクトのプロパティ、 CultureInfo.InvariantCulture プロパティを操作の動作がオペレーティング システムのカルチャ設定に関係なく一貫したことを確認します。

ユーザーは、コントロール パネルの地域と言語のオプション部分を使用して、Windows の現在のカルチャに関連付けられている値を上書きする可能性があります。 たとえば、ユーザーには、別の形式で日付を表示したり、カルチャの既定とは異なる通貨を使用するができます。 場合、 CultureInfo.UseUserOverride にプロパティが設定されている true, 、によって返されるオブジェクトのプロパティ値、 CultureInfo.DateTimeFormat, 、CultureInfo.NumberFormat, 、および CultureInfo.TextInfo プロパティは、ユーザー設定からも取得されます。 ユーザー設定が関連付けられたカルチャと互換性がないかどうか、 CultureInfo, など、選択したカレンダーがのいずれかでない場合、 OptionalCalendars, 、メソッドの結果と、プロパティの値は未定義です。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: