情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

GregorianCalendar クラス

2013/12/12

グレゴリオ暦を表します。

System.Object
  System.Globalization.Calendar
    System.Globalization.GregorianCalendar

Namespace:  System.Globalization
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public class GregorianCalendar : Calendar

GregorianCalendar 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドGregorianCalendar()既定の GregorianCalendarTypes 値を使用して、GregorianCalendar クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドGregorianCalendar(GregorianCalendarTypes)GregorianCalendarTypes 値を指定して、GregorianCalendar クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティCalendarType現在の GregorianCalendar の言語バージョンを示す GregorianCalendarTypes 値を取得または設定します。
パブリック プロパティErasGregorianCalendar における時代 (年号) のリストを取得します。 (Calendar.Eras をオーバーライドします。)
パブリック プロパティIsReadOnlyこの Calendar オブジェクトが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック プロパティMaxSupportedDateTimeGregorianCalendar 型でサポートされている最も新しい日付と時刻を取得します。 (Calendar.MaxSupportedDateTime をオーバーライドします。)
パブリック プロパティMinSupportedDateTimeGregorianCalendar 型でサポートされている最も古い日付と時刻を取得します。 (Calendar.MinSupportedDateTime をオーバーライドします。)
パブリック プロパティTwoDigitYearMax年の 2 桁表記で表すことができる 100 年間の範囲内で最後に当たる年を取得または設定します。 (Calendar.TwoDigitYearMax をオーバーライドします。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAddDays指定した DateTime から指定した日数が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドAddHours指定した DateTime から指定した時間が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドAddMilliseconds指定した DateTime から指定したミリ秒が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドAddMinutes指定した DateTime から指定した分数が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドAddMonths指定した DateTime から指定した月数が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar.AddMonths(DateTime, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドAddSeconds指定した DateTime から指定した秒数が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドAddWeeks指定した DateTime から指定した週数が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドAddYears指定した DateTime から指定した年数が経過した後の DateTime を返します。 (Calendar.AddYears(DateTime, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetDayOfMonth指定した DateTime の日付を返します。 (Calendar.GetDayOfMonth(DateTime) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetDayOfWeek指定した DateTime の曜日を返します。 (Calendar.GetDayOfWeek(DateTime) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetDayOfYear指定した DateTime の年間積算日を返します。 (Calendar.GetDayOfYear(DateTime) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetDaysInMonth(Int32, Int32)現在の時代 (年号) の指定した月および年の日数を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetDaysInMonth(Int32, Int32, Int32)指定した時代 (年号) の指定した年の指定した月の日数を返します。 (Calendar.GetDaysInMonth(Int32, Int32, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetDaysInYear(Int32)現在の時代 (年号) の指定した年の日数を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetDaysInYear(Int32, Int32)指定した時代 (年号) の指定した年の日数を返します。 (Calendar.GetDaysInYear(Int32, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetEra指定した DateTime 値の時代 (年号) を返します。 (Calendar.GetEra(DateTime) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHour指定した DateTime の時間の値を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetLeapMonth指定した年と時代 (年号) の閏月を計算します。 (Calendar.GetLeapMonth(Int32, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetMilliseconds指定した DateTime のミリ秒の値を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetMinute指定した DateTime の分の値を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetMonth指定した DateTime の月を返します。 (Calendar.GetMonth(DateTime) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetMonthsInYear(Int32)現在の時代 (年号) の指定した年の月数を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetMonthsInYear(Int32, Int32)指定した時代 (年号) の指定した年の月数を返します。 (Calendar.GetMonthsInYear(Int32, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドGetSecond指定した DateTime の秒の値を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetWeekOfYear指定した DateTime 値の日付を含むその年の週を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドGetYear指定した DateTime の年を返します。 (Calendar.GetYear(DateTime) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドIsLeapDay(Int32, Int32, Int32)現在の時代 (年号) の指定した日付が閏日かどうかを確認します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドIsLeapDay(Int32, Int32, Int32, Int32)指定した時代 (年号) の指定した日付が閏日かどうかを判断します。 (Calendar.IsLeapDay(Int32, Int32, Int32, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドIsLeapMonth(Int32, Int32)現在の時代 (年号) の指定した年の指定した月が閏月かどうかを確認します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドIsLeapMonth(Int32, Int32, Int32)指定した時代 (年号) の指定した年の指定した月が閏月かどうかを判断します。 (Calendar.IsLeapMonth(Int32, Int32, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドIsLeapYear(Int32)現在の時代 (年号) の指定した年が閏年かどうかを確認します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドIsLeapYear(Int32, Int32)指定した時代 (年号) の指定した年が閏年かどうかを判断します。 (Calendar.IsLeapYear(Int32, Int32) をオーバーライドします。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)現在の時代 (年号) の指定した日付と時刻に設定された DateTime を返します。 (Calendar から継承されます。)
パブリック メソッドToDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)指定した時代 (年号) の指定した日付と時刻に設定された DateTime を返します。 (Calendar.ToDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドToFourDigitYearTwoDigitYearMax プロパティを使用して、指定した年を 4 桁表記に変換し、適切な世紀を判断します。 (Calendar.ToFourDigitYear(Int32) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーADEra現在の時代 (年号) を表します。このフィールドは定数です。
このページのトップへ

グレゴリオ暦では、B.C または B.C.E、および A.D または C.E. の 2 つの時代 (年号) が認識されます。GregorianCalendar クラスのこの実装は、現在の時代 (年号) (A.D または C.E) だけを認識します。

グレゴリオ暦の閏年は、100 で割り切れる年を除く、4 で割り切れる年として定義されていますが、400 で割り切れる年は閏年になります。たとえば、1900 年は閏年ではありませんでしたが、2000 年は閏年でした。平年の日数は 365 日で、閏年の日数は 366 日です。

グレゴリオ暦には、1 月 (31 日)、2 月 (28 または 29 日)、3 月 (31 日)、4 月 (30 日)、5 月 (31 日)、6 月 (30 日)、7 月 (31 日)、8 月 (31 日)、9 月 (30 日)、10 月 (31 日)、11 月 (30 日)、12 月 (31 日) として、それぞれ 28 ~ 31 日で構成される 12 の月があります。2 月の日数は、閏年では 29 日、平年では 28 日です。

CultureInfo オブジェクトは一連の暦をサポートしています。CultureInfo.Calendar プロパティは、カルチャの既定の暦を返し、CultureInfo.OptionalCalendars プロパティは、そのカルチャがサポートしているすべての暦の配列を返します。CultureInfo オブジェクトが使用する暦を変更するには、アプリケーションで DateTimeFormatInfo.Calendar プロパティを新しい Calendar オブジェクトに設定できます (新しい暦がカルチャのオプションの暦の 1 つである場合)。th-TH カルチャの暦をグレゴリオ暦に変更する方法を次の例に示します。


// Change the calendar used by a th-TH CultureInfo object from ThaiBuddhist to Gregorian. 
CultureInfo thaiCulture = new CultureInfo("th-TH");
Calendar originalCalendar = thaiCulture.Calendar;
string message = null;

// Confirm that the default calendar is not the Japanese calendar.
if (originalCalendar.ToString() != "System.Globalization.GregorianCalendar")
{
   // Check whether the culture supports the Gregorian calendar.
   bool supported = false;
   foreach (Calendar supportedCal in thaiCulture.OptionalCalendars)
   {
      if (supportedCal.ToString() == "System.Globalization.GregorianCalendar")
      {
         supported = true;            
         thaiCulture.DateTimeFormat.Calendar = supportedCal;
         message = String.Format("Changed the current calendar for the {0} culture from {1} to {2}.", 
                                 thaiCulture.ToString(), 
                                 originalCalendar.ToString().Replace("System.Globalization.", ""), 
                                 supportedCal.ToString().Replace("System.Globalization.", ""));                                 
         break;
      }
   }        
   if (! supported) message = "The Gregorian calendar is not supported.";
}
else
{
   message = String.Format("Gregorian is the default calendar for the {0} culture.",
                           thaiCulture.ToString());
}
outputBlock.Text += message + "\n";
// The example displays the following output:
//   Changed the current calendar for the ja-JP culture from GregorianCalendar to JapaneseCalendar.


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示: