情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Exception.ToString メソッド

2013/12/12

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public override string ToString()

戻り値

型: System.String
現在の例外の文字列形式。

ToString は、ユーザーが判読できる形式で現在の例外を返します。カルチャの違いにかかわるデータが例外に含まれている場合、ToString によって返される文字列形式には現在のシステムのカルチャが反映されている必要があります。返される文字列の書式については明確な要件はありませんが、オブジェクトの値をユーザーが認識できる形で表現するようにしてください。

ToString の既定の実装は、現在の例外をスローしたクラスの名前、メッセージ、および内部例外での ToString の呼び出しの結果を取得します。これらのメンバーのいずれかが null である場合、その値は返される文字列に含まれません。

エラー メッセージがないか、またはエラー メッセージが空の文字列 ("") である場合、エラー メッセージは返されません。内部例外とスタック トレースが null でない場合だけ、その名前が返されます。

このメソッドは、Object.ToString をオーバーライドします。

例外を発生させ、その例外で ToString を呼び出した結果の例を次に示します。

メモメモ:

この例を実行するには、「Windows Phone での静的 TextBlock コントロールのあるコード例のビルド」を参照してください。


using System;

public class MyClass { }
public class Example
{
   public static void Demo(System.Windows.Controls.TextBlock outputBlock)
   {
      MyClass my = new MyClass();
      string s = "sometext";
      try
      {
         int i = s.CompareTo(my);
      }
      catch (Exception e)
      {
         outputBlock.Text += String.Format("Error: {0}", e.ToString()) + "\n";
      }
   }
}


このコードによって、次の出力が生成されます。

Error: System.ArgumentException: Object must be of type String. at System.String.CompareTo(Object value) at ArgExceptionExample.Main()

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: