MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Exception.GetBaseException メソッド

2013/12/12

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual Exception GetBaseException()

戻り値

型: System.Exception
例外のチェーンでスローされた最初の例外。現在の例外の InnerException プロパティが null 参照 (Visual Basic の場合は Nothing) である場合、このプロパティは現在の例外を返します。

例外のチェインを構成するそれぞれの例外は、InnerException プロパティで参照された例外の直接的な結果としてスローされたものです。チェインには、そのチェイン内の他のすべての例外の主要原因である例外が 1 つだけ含まれている場合があります。この例外は基本例外と呼ばれ、その InnerException プロパティには必ず null 参照が含まれています。

GetBaseException メソッドは、例外のチェイン内のすべての例外に対して、同じオブジェクト (基本例外) を返す必要があります。

ある例外の主要原因を見つける必要があるが、その例外から現在の例外までの間に発生した例外に関する情報は不要な場合には、GetBaseException メソッドを使用します。

継承時の注意

GetBaseException メソッドは、例外の内容または書式に対する制御が必要なクラスではオーバーライドされます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2016 Microsoft