この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

RotateFlipType 列挙型

 

公開日: 2016年10月

どの程度イメージの回転と反転イメージに使用される軸を指定します。

名前空間:   System.Drawing
アセンブリ:  System.Drawing (System.Drawing.dll 内)

public enum RotateFlipType

メンバー名説明
Rotate180FlipNone

反転せず 180 度時計回りの回転を指定します。

Rotate180FlipX

時計回りに 180 度回転水平方向に反転することを指定します。

Rotate180FlipXY

時計回りに 180 度回転の水平方向と垂直方向の反転を指定します。

Rotate180FlipY

時計回りに 180 度回転垂直方向に反転することを指定します。

Rotate270FlipNone

反転せず 270 度時計回りの回転を指定します。

Rotate270FlipX

時計回りに 270 度回転水平方向に反転することを指定します。

Rotate270FlipXY

時計回りに 270 度回転の水平方向と垂直方向の反転を指定します。

Rotate270FlipY

時計回りに 270 度回転垂直方向に反転することを指定します。

Rotate90FlipNone

反転せず 90 度時計回りの回転を指定します。

Rotate90FlipX

時計回りに 90 度回転水平方向に反転することを指定します。

Rotate90FlipXY

時計回りに 90 度回転の水平方向と垂直方向の反転を指定します。

Rotate90FlipY

時計回りに 90 度回転垂直方向に反転することを指定します。

RotateNoneFlipNone

時計回りの回転と反転なしを指定します。

RotateNoneFlipX

水平方向に反転によって時計回りに回転なしを指定します。

RotateNoneFlipXY

時計回りの回転を水平方向と垂直方向に反転することを指定します。

RotateNoneFlipY

垂直方向に反転によって時計回りに回転なしを指定します。

イメージを時計回りに回転します。

次のコード例を設定する方法を示しています、 RotateFlip のプロパティ、 ImageRotateFlipType 列挙します。

含む Windows フォームで使用するこの例の目的は、 PictureBox という PictureBox1 という名前のボタンと Button1です。 フォームの呼び出しにコードを貼り付けます InitializeBitmap フォームのコンス トラクターからまたは Load イベント処理メソッドと関連付ける Button1_Click ボタンの Click イベントです。 ビットマップへのファイル パスは、システム上で有効なことを確認します。

Bitmap bitmap1;

private void InitializeBitmap()
{
    try
    {
        bitmap1 = (Bitmap)Bitmap.FromFile(@"C:\Documents and Settings\" + 
            @"All Users\Documents\My Music\music.bmp");
        PictureBox1.SizeMode = PictureBoxSizeMode.AutoSize;
        PictureBox1.Image = bitmap1;
    }
    catch(System.IO.FileNotFoundException)
    {
        MessageBox.Show("There was an error." + 
            "Check the path to the bitmap.");
    }


}

private void Button1_Click(System.Object sender, System.EventArgs e)
{

    if (bitmap1 != null)
    {
        bitmap1.RotateFlip(RotateFlipType.Rotate180FlipY);
        PictureBox1.Image = bitmap1;
    }

}

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: