この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TraceListener クラス

 

公開日: 2016年10月

トレース出力およびデバッグ出力を監視するリスナーの abstract 基本クラスを提供します。

名前空間:   System.Diagnostics
アセンブリ:  System (System.dll 内)


[HostProtectionAttribute(SecurityAction.LinkDemand, Synchronization = true)]
public abstract class TraceListener : MarshalByRefObject, IDisposable

名前説明
System_CAPS_protmethodTraceListener()

TraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_protmethodTraceListener(String)

指定した名前をリスナーとして使用して、TraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAttributes

アプリケーション構成ファイルに定義されているトレース リスナーのカスタム属性を取得します。

System_CAPS_pubpropertyFilter

トレース リスナーのトレース フィルターを取得および設定します。

System_CAPS_pubpropertyIndentLevel

インデント レベルを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyIndentSize

1 つのインデントに含まれるスペースの数を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyIsThreadSafe

トレース リスナーがスレッド セーフかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyName

この TraceListener の名前を取得または設定します。

System_CAPS_protpropertyNeedIndent

出力にインデントを設定するかどうかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyTraceOutputOptions

トレース出力オプションを取得または設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodClose()

派生クラスでオーバーライドされた場合、出力ストリームを終了して、トレース出力またはデバッグ出力を受信しないようにします。

System_CAPS_pubmethodCreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要なすべての関連情報を格納しているオブジェクトを作成します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDispose()

TraceListener によって使用されているすべてのリソースを解放します。

System_CAPS_protmethodDispose(Boolean)

TraceListener によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFail(String)

TraceListener クラスを実装した場合、作成したリスナーにエラー メッセージを出力します。

System_CAPS_pubmethodFail(String, String)

TraceListener クラスを実装した場合、作成したリスナーにエラー メッセージと詳細エラー メッセージを出力します。

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodFlush()

派生クラスでオーバーライドされた場合、出力バッファーをフラッシュします。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodGetSupportedAttributes()

トレース リスナーによってサポートされるカスタム属性を取得します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone(Boolean)

現在の簡易コピーを作成MarshalByRefObjectオブジェクト。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodTraceData(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, Object)

トレース情報、データ オブジェクト、およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。

System_CAPS_pubmethodTraceData(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, Object[])

トレース情報、データ オブジェクトの配列、およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。

System_CAPS_pubmethodTraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32)

トレース情報およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。

System_CAPS_pubmethodTraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String)

トレース情報、メッセージ、およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。

System_CAPS_pubmethodTraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String, Object[])

トレース情報、オブジェクトの書式付き配列、およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。

System_CAPS_pubmethodTraceTransfer(TraceEventCache, String, Int32, String, Guid)

トレース情報、メッセージ、関連するアクティビティ ID、およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Object)

オブジェクトの ToString メソッドの値を、TraceListener クラスを実装した時に作成したリスナーに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWrite(Object, String)

カテゴリ名と、オブジェクトの ToString メソッドの値を、TraceListener クラスを実装するときに作成したリスナーに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWrite(String)

派生クラスでオーバーライドした場合、指定したメッセージを派生クラスで作成したリスナーに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWrite(String, String)

TraceListener クラスを実装した時に作成したリスナーにカテゴリ名とメッセージを書き込みます。

System_CAPS_protmethodWriteIndent()

このクラスの実装時に作成したリスナーにインデントを書き込み、NeedIndent プロパティを false にリセットします。

System_CAPS_pubmethodWriteLine(Object)

TraceListener クラスの実装時に作成したリスナーにオブジェクトの ToString メソッドの値と行終端記号を書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWriteLine(Object, String)

TraceListener クラスの実装時に作成したリスナーにカテゴリ名、オブジェクトの ToString メソッドの値、および行終端記号を書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWriteLine(String)

派生クラスでオーバーライドした場合、派生クラスで作成したリスナーにメッセージと行終端記号を書き込みます。

System_CAPS_pubmethodWriteLine(String, String)

TraceListener クラスの実装時に作成したリスナーにカテゴリ名、メッセージ、および行終端記号を書き込みます。

For examples of how to implement a T:System.Diagnostics.TraceListener, see the T:System.Diagnostics.DefaultTraceListener, T:System.Diagnostics.TextWriterTraceListener and the T:System.Diagnostics.EventLogTraceListener classes.

You must enable tracing or debugging to use a trace listener. The following syntax is compiler specific. If you use compilers other than C# or Visual Basic, refer to the documentation for your compiler.

  • To enable debugging in C#, add the /d:DEBUG flag to the compiler command line when you compile your code, or you can add #define DEBUG to the top of your file. In Visual Basic, add the /d:DEBUG=True flag to the compiler command line.

  • To enable tracing in C#, add the /d:TRACE flag to the compiler command line when you compile your code, or add #define TRACE to the top of your file. In Visual Basic, add the /d:TRACE=True flag to the compiler command line.

To add a trace listener, edit the configuration file that corresponds to the name of your application. Within this file, you can add a listener, set its type and set its parameter, remove a listener, or clear all the listeners previously set by the application. The configuration file should be formatted similar to the following example.

<configuration>
  <system.diagnostics>
    <trace autoflush="false" indentsize="4">
      <listeners>
        <add name="myListener" type="System.Diagnostics.TextWriterTraceListener" initializeData="TextWriterOutput.log" />
        <remove name="Default" />
      </listeners>
    </trace>
  </system.diagnostics>
</configuration>

For more information on using configuration files for tracing, see <system.diagnostics> Element.

継承時の注意:

Inherit from this class to implement a custom listener for the T:System.Diagnostics.Debug and T:System.Diagnostics.Trace classes. At a minimum, you must implement the M:System.Diagnostics.TraceListener.Write(System.String) and M:System.Diagnostics.TraceListener.WriteLine(System.String) methods. Additionally, you can implement the M:System.Diagnostics.TraceListener.Fail(System.String), M:System.Diagnostics.TraceListener.Close and M:System.Diagnostics.TraceListener.Flush methods.

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

This type is thread safe.

トップに戻る
表示: