この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TraceLevel 列挙型

 

公開日: 2016年10月

出力するメッセージを示す、 Debug, 、TraceTraceSwitch クラスです。

名前空間:   System.Diagnostics
アセンブリ:  System (System.dll 内)

public enum TraceLevel

メンバー名説明
Error

エラー処理メッセージを出力します。

Info

情報メッセージ、警告、およびエラー処理メッセージを出力します。

Off

トレース メッセージおよびデバッグ メッセージを出力します。

Verbose

すべてのデバッグおよびトレースのメッセージを出力します。

Warning

出力の警告およびエラー処理メッセージ。

この列挙は、TraceSwitch クラスで使用します。

トレース出力またはスイッチを使用してデバッグを有効にする必要があります。 次の構文は、コンパイラに固有です。 C# または Visual Basic 以外のコンパイラを使用する場合は、コンパイラのドキュメントを参照してください。

  • C# でのデバッグを有効にする、 /d:DEBUG フラグ、コードをコンパイルするか、追加するときに、コンパイラのコマンドラインを #define DEBUG 、ファイルの先頭にします。 Visual basic では、追加、 /d:DEBUG=True フラグをコンパイラ コマンドライン。

  • C# でのトレースを有効にする、 /d:TRACE フラグを追加したり、コードをコンパイルすると、コンパイラのコマンドライン #define TRACE 、ファイルの先頭にします。 Visual basic では、追加、 /d:TRACE=True フラグをコンパイラ コマンドライン。

アプリケーションのインストルメント化の詳細については、次を参照してください。 DebugTraceです。

System_CAPS_noteメモ

.NET Framework バージョン 2.0 では、スイッチの値を指定するためにテキストを使用できます。 たとえば、BooleanSwitch に対して true を指定したり、TraceSwitch に対して列挙値のテキスト形式である Error を指定したりできます。 <add name="mySwitch" value="Error" /> という行は、<add name="mySwitch" value="1" /> と同じです。

.NET Framework version 1.0 および 1.1 では、構成ファイル内のトレース レベルは、列挙型のメンバーではなく列挙メンバーに対応する整数値を使用して設定された自体には、次の例として説明します。

<configuration>
    <system.diagnostics>
       <switches>
          <add name="mySwitch" value="4" />
       </switches>
    </system.diagnostics>
</configuration>

列挙型の整数値を使用してトレース レベルを設定するだけでなく、.NET Framework version 2.0 のトレース レベルを列挙値のテキスト表現を使用して設定できます。 たとえば、 VerboseTraceSwitchです。 <add name="mySwitch" value="Verbose" /> という行は、<add name="mySwitch" value="4" /> と同じです。

次の表に、リレーションシップ、 TraceLevel 列挙型のメンバーとその対応する構成ファイルのエントリ。

トレース レベル

構成ファイルの値

オフ

0

エラー

1

警告

2

情報

3

詳細

4

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: