この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

PerformanceCounterPermissionAttribute クラス

 

公開日: 2016年11月

宣言のパフォーマンス カウンター アクセス許可チェックを使用します。

名前空間:   System.Diagnostics
アセンブリ:  System (System.dll 内)

System.Object
  System.Attribute
    System.Security.Permissions.SecurityAttribute
      System.Security.Permissions.CodeAccessSecurityAttribute
        System.Diagnostics.PerformanceCounterPermissionAttribute

[SerializableAttribute]
[AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Assembly | AttributeTargets.Class | AttributeTargets.Struct | AttributeTargets.Constructor | AttributeTargets.Method | AttributeTargets.Event, 
	AllowMultiple = true, Inherited = false)]
public class PerformanceCounterPermissionAttribute : CodeAccessSecurityAttribute

名前説明
System_CAPS_pubmethodPerformanceCounterPermissionAttribute(SecurityAction)

PerformanceCounterPermissionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAction

セキュリティ アクションを取得または設定します。(SecurityAttribute から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCategoryName

取得またはパフォーマンス カウンター カテゴリの名前を設定します。

System_CAPS_pubpropertyMachineName

取得またはパフォーマンス カウンターのコンピューター名を設定します。

System_CAPS_pubpropertyPermissionAccess

取得またはアクセス許可の要求で使用されるアクセス レベルを設定します。

System_CAPS_pubpropertyTypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyUnrestricted

取得または属性によって保護されているリソースへの完全 (無制限) アクセス許可が宣言されているかどうかを示す値を設定します。(SecurityAttribute から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodCreatePermission()

によって設定される、要求されたアクセス レベルに基づいてアクセス許可を作成、 PermissionAccess 、属性のプロパティです。(SecurityAttribute.CreatePermission() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodMatch(Object)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したオブジェクトをこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。(Attribute から継承されます。)

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethod_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。(Attribute から継承されます。)

属性の使用方法については、「属性を使用したメタデータの拡張」を参照してください。

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: