このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
EventLogPermissionAttribute クラス
Collapse the table of content
Expand the table of content
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

EventLogPermissionAttribute クラス

イベント ログに対するアクセス許可チェックを可能にします。

名前空間:  System.Diagnostics
アセンブリ:  System (System.dll 内)

[SerializableAttribute]
[AttributeUsageAttribute(AttributeTargets.Assembly|AttributeTargets.Class|AttributeTargets.Struct|AttributeTargets.Constructor|AttributeTargets.Method|AttributeTargets.Event, AllowMultiple = true, 
	Inherited = false)]
public class EventLogPermissionAttribute : CodeAccessSecurityAttribute

EventLogPermissionAttribute 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドEventLogPermissionAttribute EventLogPermissionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティActionセキュリティ アクションを取得または設定します。 (SecurityAttribute から継承されます。)
パブリック プロパティMachineNameイベントを読み取るコンピューターの名前を取得または設定します。
パブリック プロパティPermissionAccessアクセス許可要求で使用されるアクセス レベルを取得または設定します。
パブリック プロパティTypeId派生クラスに実装されている場合は、この Attribute の一意の識別子を取得します。 (Attribute から継承されます。)
パブリック プロパティUnrestricted属性によって保護されているリソースに対して完全な (無制限の) アクセス許可が宣言されているかどうかを示す値を取得または設定します。 (SecurityAttribute から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドCreatePermission MachineName プロパティと対象となる属性の PermissionAccess プロパティを通じて設定される、要求されているアクセス レベルに基づいて、アクセス許可を作成します。 (SecurityAttribute.CreatePermission() をオーバーライドします。)
パブリック メソッドEqualsインフラストラクチャ。このインスタンスが、指定したオブジェクトに等しいかどうかを示す値を返します。 (Attribute から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode対象のインスタンスのハッシュ コードを返します。 (Attribute から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドIsDefaultAttribute派生クラス内でオーバーライドされたときに、このインスタンスの値が派生クラスの既定値かどうかを示します。 (Attribute から継承されます。)
パブリック メソッドMatch派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。 (Attribute から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.GetIDsOfNames一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。 (Attribute から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.GetTypeInfoオブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。 (Attribute から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.GetTypeInfoCountオブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。 (Attribute から継承されます。)
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッド_Attribute.Invokeオブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。 (Attribute から継承されます。)
このページのトップへ

属性の使用方法の詳細については、「属性を使用したメタデータの拡張」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft