この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DateTimeOffset 構造体

 

特定の時点を表します。通常、世界協定時刻 (UTC) を基準とする相対的な日時として表されます。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
public struct DateTimeOffset : IComparable, IFormattable, ISerializable, 
	IDeserializationCallback, IComparable<DateTimeOffset>, IEquatable<DateTimeOffset>

名前説明
System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(DateTime)

DateTime 値を指定して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(DateTime, TimeSpan)

指定された DateTime 値およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, TimeSpan)

指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, TimeSpan)

指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, TimeSpan)

指定した年、月、日、時、分、秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int64, TimeSpan)

指定されたタイマー刻みの数とオフセットで、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyDate

取得、 DateTime を現在の日付の部分を表す値 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyDateTime

現在の DateTimeOffset オブジェクトの日時を表す DateTime 値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyDay

現在の月の日付を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyDayOfWeek

現在の週の曜日を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyDayOfYear

現在の年の日付を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyHour

現在の時刻の時間部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyLocalDateTime

取得、 DateTime を現在の現地日時を表す値 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyMillisecond

現在の時刻のミリ秒部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyMinute

現在の時刻の分の部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyMonth

現在の日付の月部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticNow

現地時刻と世界協定時刻 (UTC) の差をオフセットとして持つ、現在のコンピューターの現在日時に設定された DateTimeOffset オブジェクトを取得します。

System_CAPS_pubpropertyOffset

世界協定時刻 (UTC) から時刻のオフセットを取得します。

System_CAPS_pubpropertySecond

現在の時刻の 2 番目の部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyTicks

日付を表すタイマー刻みの数と、現在の時刻を取得 DateTimeOffset クロック時間内のオブジェクト。

System_CAPS_pubpropertyTimeOfDay

現在の日の時刻を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyUtcDateTime

取得、 DateTime を世界協定時刻 (UTC) 日付と現在の時刻を表す値 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticUtcNow

取得、 DateTimeOffset オブジェクトの日付と時刻を現在の世界協定時刻 (UTC) 日付と時刻に設定して、オフセットが TimeSpan.Zeroです。

System_CAPS_pubpropertyUtcTicks

日付を表すタイマー刻みの数と、現在の時刻を取得 DateTimeOffset 世界協定時刻 (UTC) でのオブジェクト。

System_CAPS_pubpropertyYear

現在の日付の年の部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAdd(TimeSpan)

このインスタンスの値に、指定された時間間隔を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddDays(Double)

新しい返します DateTimeOffset をこのインスタンスの値に指定された数の整数部と小数部の日を加算するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodAddHours(Double)

このインスタンスの値に、指定された整数部と小数部から成る時間数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddMilliseconds(Double)

指定されたミリ秒数をこのインスタンスの値に加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddMinutes(Double)

このインスタンスの値に、指定された整数部と小数部から成る分数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddMonths(Int32)

新しい返します DateTimeOffset をこのインスタンスの値に指定された月数を加算するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodAddSeconds(Double)

このインスタンスの値に、指定された整数部と小数部から成る秒数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddTicks(Int64)

このインスタンスの値に、指定されたタイマー刻みの数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddYears(Int32)

新しい返します DateTimeOffset をこのインスタンスの値に指定した年数を加算するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCompare(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

2 つを比較して DateTimeOffset オブジェクトし、1 つは、2 つ目、2 番目のまたはそれ以降、1 つ目のよりも前かどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodCompareTo(DateTimeOffset)

現在の比較 DateTimeOffset 指定したオブジェクト DateTimeOffset オブジェクトを示し、現在のオブジェクトよりも前か、同じじか、または 2 番目より後 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodEquals(DateTimeOffset)

決定するかどうか、現在 DateTimeOffset オブジェクトでは、同じ地点を表す、指定されている時点で DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticEquals(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

指定した 2 つあるかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトでは、時間の同じ時点を表しています。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

決定するかどうか、 DateTimeOffset オブジェクトには、指定したオブジェクトとしての同じ時点を表しています。(ValueType.Equals(Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodEqualsExact(DateTimeOffset)

決定するかどうか、現在 DateTimeOffset オブジェクトが同時を表し、指定したオフセットは同じ DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromFileTime(Int64)

指定された Windows ファイル時刻を同等の現地時刻に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromUnixTimeMilliseconds(Int64)

1970 年から経過したミリ秒数で表したで示す Unix 時間の変換-01-に 01T00:00:00Z、 DateTimeOffset 値。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromUnixTimeSeconds(Int64)

1970 年から経過した秒数で表したで示す Unix 時間の変換-01-に 01T00:00:00Z、 DateTimeOffset 値。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

現在のハッシュ コードを返す DateTimeOffset オブジェクトです。(ValueType.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParse(String)

指定した文字列形式の日付、時刻、およびオフセットを等価の DateTimeOffset の値に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParse(String, IFormatProvider)

指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles)

指定したカルチャ固有の書式情報と書式スタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParseExact(String, String, IFormatProvider)

指定した書式とカルチャ固有の書式情報を使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles)

指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles)

指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定されたいずれかの書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSubtract(DateTimeOffset)

現在の DateTimeOffset オブジェクトから、特定の日時を表す DateTimeOffset 値を減算します。

System_CAPS_pubmethodSubtract(TimeSpan)

現在の DateTimeOffset オブジェクトから、指定された時間間隔を減算します。

System_CAPS_pubmethodToFileTime()

現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を Windows ファイル時刻に変換します。

System_CAPS_pubmethodToLocalTime()

現在の変換 DateTimeOffset オブジェクトを DateTimeOffset 現地時刻を表すオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodToOffset(TimeSpan)

現在の値に変換 DateTimeOffset 日付と時刻のオフセット値が指定するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を等価の文字列形式に変換します。(ValueType.ToString() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodToString(IFormatProvider)

現在の値に変換 DateTimeOffset オブジェクトを指定したカルチャに固有の書式情報を使用して、等価の文字列形式にします。

System_CAPS_pubmethodToString(String)

指定した書式を使用して、現在の DateTimeOffset オブジェクトの値をそれと等価な文字列形式に変換します。

System_CAPS_pubmethodToString(String, IFormatProvider)

指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、現在の DateTimeOffset オブジェクトの値をそれと等価の文字列形式に変換します。

System_CAPS_pubmethodToUniversalTime()

現在の変換 DateTimeOffset オブジェクトを DateTimeOffset を世界協定時刻 (UTC) を表す値。

System_CAPS_pubmethodToUnixTimeMilliseconds()

1970 年から経過したミリ秒数を返します-01-01T00:00:00.000Z です。

System_CAPS_pubmethodToUnixTimeSeconds()

1970 年から経過した秒数を返します-01-01T00:00:00Z です。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParse(String, DateTimeOffset)

指定した文字列表現の日時を対応する DateTimeOffset 表現に変換できるかどうかを試行し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)

指定した文字列形式の日時を対応する DateTimeOffset 表現に変換できるかどうかを試行し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)

指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)

指定した書式の配列、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定されたいずれかの書式と完全に一致する必要があります。

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticMaxValue

最大有効値を表す DateTimeOffsetします。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticMinValue

できるだけ早いを表す DateTimeOffset 値。 このフィールドは読み取り専用です。

名前説明
System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticAddition(DateTimeOffset, TimeSpan)

特定の日時を持つ DateTimeOffset オブジェクトに指定された時間間隔を加算し、新しい日時を持った DateTimeOffset オブジェクトを作成します。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticEquality(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

指定した 2 つあるかどうかを決定 DateTimeOffset オブジェクトでは、時間の同じ時点を表しています。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticGreaterThan(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトより大きい (またはそれ以降) は、1 秒間に指定されている DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticGreaterThanOrEqual(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトがもう 1 つ以上指定 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticImplicit(DateTime to DateTimeOffset)

暗黙的な変換を定義、 DateTime オブジェクトを DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticInequality(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

指定した 2 つあるかどうかを判断 DateTimeOffset にさまざまなポイントにオブジェクトを参照してください。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticLessThan(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトの 1 秒未満が指定されている DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticLessThanOrEqual(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトの 1 秒未満が指定されている DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticSubtraction(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

一方の DateTimeOffset オブジェクトをもう一方のオブジェクトから減算し、時間間隔を生成します。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticSubtraction(DateTimeOffset, TimeSpan)

指定した日付と時刻から指定した時間間隔を減算して、新しい日付と時刻を作成します。

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIComparable.CompareTo(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 現在の値と比較する DateTimeOffset オブジェクトと同じ型の別のオブジェクト。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDeserializationCallback.OnDeserialization(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 オブジェクトの逆シリアル化の完了後に実行します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 設定、 SerializationInfo オブジェクトに現在のシリアル化に必要なデータ DateTimeOffset オブジェクトです。

DateTimeOffset 構造体が含まれています、 DateTime 値と、 Offset 、現在の違いを定義するプロパティ DateTimeOffset インスタンスの日付と時刻と世界協定時刻 (UTC)。 UTC を基準としたときの日時を正確に定義するため、 DateTimeOffset 構造は含まれません、 Kind 、メンバーとして、 DateTime 構造です。 11時 59分: 59 PM、西暦 9999 年 12 月 31 日を UTC 値を 1 月 1 日 0001 12時 00分: 00 深夜から西暦紀元) を持つ日付と時刻を表します(西暦)。

時刻コンポーネントは、 DateTimeOffset 値はタイマー刻み、100 ナノ秒単位で測定され、特定の日付は西暦 0001 年 1 月 1 日深夜 12時 00分からのタイマー刻みの数(西暦) GregorianCalendar カレンダーです。 A DateTimeOffset 値が常に、コンテキストの明示的な既定の暦に表されます。 タイマー刻みの合計数では、秒を leap に起因する、タイマー刻みは含まれません。

System_CAPS_noteメモ

   分または秒などその他の時間間隔に変換するには、使用する必要があります ticks 値で作業している場合、 TimeSpan.TicksPerDay, 、TimeSpan.TicksPerHour, 、TimeSpan.TicksPerMinute, 、TimeSpan.TicksPerSecond, 、または TimeSpan.TicksPerMillisecond 変換を実行する定数。 たとえば、秒数を追加するによって表されるをタイマー刻み数が指定された、 Second のコンポーネント、 DateTimeOffset 値、式を使用することができます dateValue.Second + nTicks/Timespan.TicksPerSecondします。

ただし、 DateTimeOffset オフセットも含まれる、完全にタイム ゾーン対応のデータ構造ではありません。 UTC からのオフセットには、タイム ゾーンの特徴の 1 つが、明確に識別されませんタイム ゾーン。 複数のタイム ゾーンは、utc を基準と同じオフセットを共有してできるだけでなく、単一のタイム ゾーンのオフセット場合は、夏時間の変更します。 つまりとすぐに、 DateTimeOffset そのタイム ゾーンの値の関連付けが解除され、不要になった明確にリンクできますその元のタイム ゾーンにします。

DateTimeOffset 構造体には、 DateTimeOffset 宣言されましたが、それ以外の初期化をオブジェクトには、各メンバー フィールドの既定値が含まれています。 つまり、 DateTime にプロパティが設定されている DateTimeOffset.MinValue とその Offset にプロパティが設定されている TimeSpan.Zeroします。

新規に作成することができます DateTimeOffset 値のどのオーバー ロードされたコンス トラクターに似ていますが、コンス トラクターのオーバー ロードを呼び出して、 DateTime 構造体。 作成することも、新しい DateTimeOffset 値を代入することによって、 DateTime 値。 これは、暗黙的な変換(Visual Basic) で変換メソッドの呼び出しや、キャスト演算子 (C# の場合) が必要にしません。 初期化することもできますが、 DateTimeOffset をさまざまな静的文字列の解析を含むメソッドを呼び出して日時の文字列形式から値 Parse, 、ParseExact, 、TryParse, 、および TryParseExactです。

メンバー、 DateTimeOffset 構造体は、次の領域で機能を提供します。

  • 日付と時刻の演算です。

    追加したり、日付、または特定の時間間隔を減算 DateTimeOffset 値。 算術演算子が DateTimeOffset を持つとは異なり、値 DateTime 、結果を返すときに時刻のオフセットの値を調整します。 たとえば、次のコードでは DateTime 現在の UTC 時刻から現在の現地時刻を減算する変数。 コードを使用し、 DateTimeOffset 変数は、同じ操作を実行します。 減算 DateTime 値を減算しながら、UTC をローカル タイム ゾーンの差が返されます DateTimeOffset 値を返します。 TimeSpan.Zeroします。

    using System;
    
    public class DateArithmetic
    {
       public static void Main()
       {
          DateTime date1, date2;
          DateTimeOffset dateOffset1, dateOffset2;
          TimeSpan difference;
    
          // Find difference between Date.Now and Date.UtcNow
          date1 = DateTime.Now;
          date2 = DateTime.UtcNow;
          difference = date1 - date2;
          Console.WriteLine("{0} - {1} = {2}", date1, date2, difference);
    
          // Find difference between Now and UtcNow using DateTimeOffset
          dateOffset1 = DateTimeOffset.Now;
          dateOffset2 = DateTimeOffset.UtcNow;
          difference = dateOffset1 - dateOffset2;
          Console.WriteLine("{0} - {1} = {2}", 
                            dateOffset1, dateOffset2, difference);
          // If run in the Pacific Standard time zone on 4/2/2007, the example
          // displays the following output to the console:
          //    4/2/2007 7:23:57 PM - 4/3/2007 2:23:57 AM = -07:00:00
          //    4/2/2007 7:23:57 PM -07:00 - 4/3/2007 2:23:57 AM +00:00 = 00:00:00                        
       }
    }
    
  • 変換演算を入力します。

    変換する DateTimeOffset 値を DateTime 値またはその逆です。

  • 時間の操作と抽出操作します。

    日付または時刻のいずれかを抽出することができます、 DateTimeOffset 値。 特定の値を取得することもできます。 DateTimeOffset 、年、月などのコンポーネントです。

  • 日付と時刻の変換です。

    いずれかに変換することができます DateTimeOffset 別値 DateTimeOffset を別のタイム ゾーンの時刻に同じ時点を表す値。 のみの場合、ただし、タイム ゾーンの調整規則を適用、 ToLocalTime に変換するメソッド、 DateTimeOffset 、ローカル システムのゾーンで日付と時刻の値。

  • 日付と時刻を比較します。

    ないかどうかを判断する特定 DateTimeOffset 値よりも前で、同じか、それとも他よりも後 DateTimeOffset 値。 比較を実行する前に、すべての値は UTC に変換されます。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
2.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: