MSDN ライブラリ
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DateTimeOffset.AddMilliseconds メソッド

2013/12/12

指定されたミリ秒数を現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public DateTimeOffset AddMilliseconds(
	double milliseconds
)

パラメーター

milliseconds
型: System.Double
整数部と小数部から成るミリ秒数。数値は負でも正でも構いません。

戻り値

型: System.DateTimeOffset
現在の DateTimeOffset オブジェクトで表された日時に、milliseconds で表された整数のミリ秒数を加算した値を示すオブジェクト。

例外条件
ArgumentOutOfRangeException

結果として得られる DateTimeOffset 値が MinValue 未満です。

または

結果として得られる DateTimeOffset 値が MaxValue を超えています。

milliseconds パラメーターの小数部は 1 ミリ秒の端数です。たとえば、4.5 は 4 ミリ秒と 5000 ティック (1 ミリ秒 = 10,000 ティック) に相当します。ただし、milliseconds は近似値のミリ秒に丸められます。つまり、0.5 を超えるすべての値は切り上げられます。

メモメモ:

このメソッドは、新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。milliseconds を日時に加算しても、現在のオブジェクトの値は変更されません。

DateTimeOffset オブジェクトは特定のタイム ゾーンの日時を表すわけではないので、AddMilliseconds メソッドで日時の算術演算を実行する場合、特定のタイム ゾーンの調整規則は考慮されません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2016 Microsoft