情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DateTimeOffset.AddDays メソッド

2013/12/12

整数部と小数部によって指定された日数を、現在の DateTimeOffset オブジェクトに加算します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public DateTimeOffset AddDays(
	double days
)

パラメーター

days
型: System.Double
整数部と小数部から成る日数。数値は負でも正でも構いません。

戻り値

型: System.DateTimeOffset
現在の DateTimeOffset オブジェクトで表された日時に days で表された日数を加算した値を示すオブジェクト。

例外条件
ArgumentOutOfRangeException

結果として得られる DateTimeOffset 値が MinValue 未満です。

または

結果として得られる DateTimeOffset 値が MaxValue を超えています。

days パラメーターの小数部は 1 日の端数を表します。たとえば、4.5 は 4 日と、12 時間 0 分 0 秒 0 ミリ秒に相当します。days パラメーターは、近似値のミリ秒に丸められます。

メモメモ:

このメソッドは、新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。days を日時に加算しても、現在のオブジェクトの値は変更されません。

DateTimeOffset オブジェクトは特定のタイム ゾーンの日時を表すわけではないので、AddDays メソッドで日時の算術演算を実行する場合、特定のタイム ゾーンの調整規則は考慮されません。

1 日未満の時間間隔を小数に変換すると、精度の損失が生じる場合があります。これが問題になる場合は、Add メソッドを使用してください。1 回のメソッド呼び出しで複数の種類の時間間隔を指定できるので、時間間隔を 1 日の端数に変換する必要はありません。

次の例では、AddDays メソッドを使用して、2008 年 3 月における週の開始日 (月曜日) に該当する日付を列挙しています。


DateTimeOffset workDay = new DateTimeOffset(2008, 3, 1, 9, 0, 0,
                   DateTimeOffset.Now.Offset);
int month = workDay.Month;
// Start with the first Monday of the month
if (workDay.DayOfWeek != DayOfWeek.Monday)
{
   if (workDay.DayOfWeek == DayOfWeek.Sunday)
      workDay = workDay.AddDays(1);
   else
      workDay = workDay.AddDays(8 - (int)workDay.DayOfWeek);
}
outputBlock.Text += String.Format("Beginning of Work Week In {0:MMMM} {0:yyyy}:", workDay) + "\n";
// Add one week to the current date 
do
{
   outputBlock.Text += String.Format("   {0:dddd}, {0:MMMM}{0: d}", workDay) + "\n";
   workDay = workDay.AddDays(7);
} while (workDay.Month == month);
// The example produces the following output:
//    Beginning of Work Week In March 2008:
//       Monday, March 3
//       Monday, March 10
//       Monday, March 17
//       Monday, March 24
//       Monday, March 31             


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: