この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DateTimeOffset 構造体

 

公開日: 2016年10月

特定の時点を表します。通常、世界協定時刻 (UTC) を基準とする相対的な日時として表されます。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[SerializableAttribute]
public struct DateTimeOffset : IComparable, IFormattable, ISerializable, 
	IDeserializationCallback, IComparable<DateTimeOffset>, IEquatable<DateTimeOffset>

名前説明
System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(DateTime)

DateTime 値を指定して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(DateTime, TimeSpan)

指定された DateTime 値およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Calendar, TimeSpan)

指定した暦の指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, TimeSpan)

指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, TimeSpan)

指定した年、月、日、時、分、秒、およびオフセットを使用して、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDateTimeOffset(Int64, TimeSpan)

指定されたタイマー刻みの数とオフセットで、DateTimeOffset 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyDate

取得、 DateTime を現在の日付の部分を表す値 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyDateTime

現在の DateTimeOffset オブジェクトの日時を表す DateTime 値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyDay

現在の月の日付を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyDayOfWeek

現在の週の曜日を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyDayOfYear

現在の年の日付を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyHour

現在の時刻の時間部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyLocalDateTime

取得、 DateTime を現在の現地日時を表す値 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyMillisecond

現在の時刻のミリ秒部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyMinute

現在の時刻の分の部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyMonth

現在の日付の月部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticNow

現地時刻と世界協定時刻 (UTC) の差をオフセットとして持つ、現在のコンピューターの現在日時に設定された DateTimeOffset オブジェクトを取得します。

System_CAPS_pubpropertyOffset

世界協定時刻 (UTC) から時刻のオフセットを取得します。

System_CAPS_pubpropertySecond

現在の時刻の 2 番目の部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyTicks

日付を表すタイマー刻みの数と、現在の時刻を取得 DateTimeOffset クロック時間内のオブジェクト。

System_CAPS_pubpropertyTimeOfDay

現在の日の時刻を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertyUtcDateTime

取得、 DateTime を世界協定時刻 (UTC) 日付と現在の時刻を表す値 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticUtcNow

取得、 DateTimeOffset オブジェクトの日付と時刻を現在の世界協定時刻 (UTC) 日付と時刻に設定して、オフセットが TimeSpan.Zeroです。

System_CAPS_pubpropertyUtcTicks

日付を表すタイマー刻みの数と、現在の時刻を取得 DateTimeOffset 世界協定時刻 (UTC) でのオブジェクト。

System_CAPS_pubpropertyYear

現在の日付の年の部分を取得 DateTimeOffset オブジェクトです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAdd(TimeSpan)

このインスタンスの値に、指定された時間間隔を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddDays(Double)

新しい返します DateTimeOffset をこのインスタンスの値に指定された数の整数部と小数部の日を加算するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodAddHours(Double)

このインスタンスの値に、指定された整数部と小数部から成る時間数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddMilliseconds(Double)

指定されたミリ秒数をこのインスタンスの値に加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddMinutes(Double)

このインスタンスの値に、指定された整数部と小数部から成る分数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddMonths(Int32)

新しい返します DateTimeOffset をこのインスタンスの値に指定された月数を加算するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodAddSeconds(Double)

このインスタンスの値に、指定された整数部と小数部から成る秒数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddTicks(Int64)

このインスタンスの値に、指定されたタイマー刻みの数を加算した新しい DateTimeOffset オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodAddYears(Int32)

新しい返します DateTimeOffset をこのインスタンスの値に指定した年数を加算するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticCompare(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

2 つを比較して DateTimeOffset オブジェクトし、1 つは、2 つ目、2 番目のまたはそれ以降、1 つ目のよりも前かどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodCompareTo(DateTimeOffset)

現在の比較 DateTimeOffset 指定したオブジェクト DateTimeOffset オブジェクトを示し、現在のオブジェクトよりも前か、同じじか、または 2 番目より後 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodEquals(DateTimeOffset)

決定するかどうか、現在 DateTimeOffset オブジェクトでは、同じ地点を表す、指定されている時点で DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticEquals(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

指定した 2 つあるかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトでは、時間の同じ時点を表しています。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

決定するかどうか、 DateTimeOffset オブジェクトには、指定したオブジェクトとしての同じ時点を表しています。(ValueType.Equals(Object) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodEqualsExact(DateTimeOffset)

決定するかどうか、現在 DateTimeOffset オブジェクトが同時を表し、指定したオフセットは同じ DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromFileTime(Int64)

指定された Windows ファイル時刻を同等の現地時刻に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromUnixTimeMilliseconds(Int64)

1970 年から経過したミリ秒数で表したで示す Unix 時間の変換-01-に 01T00:00:00Z、 DateTimeOffset 値。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFromUnixTimeSeconds(Int64)

1970 年から経過した秒数で表したで示す Unix 時間の変換-01-に 01T00:00:00Z、 DateTimeOffset 値。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

現在のハッシュ コードを返す DateTimeOffset オブジェクトです。(ValueType.GetHashCode() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParse(String)

指定した文字列形式の日付、時刻、およびオフセットを等価の DateTimeOffset の値に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParse(String, IFormatProvider)

指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles)

指定したカルチャ固有の書式情報と書式スタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParseExact(String, String, IFormatProvider)

指定した書式とカルチャ固有の書式情報を使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset の値に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles)

指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles)

指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定されたいずれかの書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSubtract(DateTimeOffset)

現在の DateTimeOffset オブジェクトから、特定の日時を表す DateTimeOffset 値を減算します。

System_CAPS_pubmethodSubtract(TimeSpan)

現在の DateTimeOffset オブジェクトから、指定された時間間隔を減算します。

System_CAPS_pubmethodToFileTime()

現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を Windows ファイル時刻に変換します。

System_CAPS_pubmethodToLocalTime()

現在の変換 DateTimeOffset オブジェクトを DateTimeOffset 現地時刻を表すオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodToOffset(TimeSpan)

現在の値に変換 DateTimeOffset 日付と時刻のオフセット値が指定するオブジェクト。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在の DateTimeOffset オブジェクトの値を等価の文字列形式に変換します。(ValueType.ToString() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodToString(IFormatProvider)

現在の値に変換 DateTimeOffset オブジェクトを指定したカルチャに固有の書式情報を使用して、等価の文字列形式にします。

System_CAPS_pubmethodToString(String)

指定した書式を使用して、現在の DateTimeOffset オブジェクトの値をそれと等価な文字列形式に変換します。

System_CAPS_pubmethodToString(String, IFormatProvider)

指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、現在の DateTimeOffset オブジェクトの値をそれと等価の文字列形式に変換します。

System_CAPS_pubmethodToUniversalTime()

現在の変換 DateTimeOffset オブジェクトを DateTimeOffset を世界協定時刻 (UTC) を表す値。

System_CAPS_pubmethodToUnixTimeMilliseconds()

1970 年から経過したミリ秒数を返します-01-01T00:00:00.000Z です。

System_CAPS_pubmethodToUnixTimeSeconds()

1970 年から経過した秒数を返します-01-01T00:00:00Z です。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParse(String, DateTimeOffset)

指定した文字列表現の日時を対応する DateTimeOffset 表現に変換できるかどうかを試行し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)

指定した文字列形式の日時を対応する DateTimeOffset 表現に変換できるかどうかを試行し、変換に成功したかどうかを示す値を返します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParseExact(String, String, IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)

指定した書式、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定した書式と完全に一致する必要があります。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticTryParseExact(String, String[], IFormatProvider, DateTimeStyles, DateTimeOffset)

指定した書式の配列、カルチャ固有の書式情報、およびスタイルを使用して、指定した日付と時刻の文字列形式を等価の DateTimeOffset に変換します。 文字列形式の書式は、指定されたいずれかの書式と完全に一致する必要があります。

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticMaxValue

最大有効値を表す DateTimeOffsetします。 このフィールドは読み取り専用です。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticMinValue

できるだけ早いを表す DateTimeOffset 値。 このフィールドは読み取り専用です。

名前説明
System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticAddition(DateTimeOffset, TimeSpan)

特定の日時を持つ DateTimeOffset オブジェクトに指定された時間間隔を加算し、新しい日時を持った DateTimeOffset オブジェクトを作成します。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticEquality(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

指定した 2 つあるかどうかを決定 DateTimeOffset オブジェクトでは、時間の同じ時点を表しています。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticGreaterThan(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトより大きい (またはそれ以降) は、1 秒間に指定されている DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticGreaterThanOrEqual(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトがもう 1 つ以上指定 DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticImplicit(DateTime to DateTimeOffset)

暗黙的な変換を定義、 DateTime オブジェクトを DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticInequality(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

指定した 2 つあるかどうかを判断 DateTimeOffset にさまざまなポイントにオブジェクトを参照してください。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticLessThan(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトの 1 秒未満が指定されている DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticLessThanOrEqual(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

いずれかを指定するかどうかを判断 DateTimeOffset オブジェクトの 1 秒未満が指定されている DateTimeOffset オブジェクトです。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticSubtraction(DateTimeOffset, DateTimeOffset)

一方の DateTimeOffset オブジェクトをもう一方のオブジェクトから減算し、時間間隔を生成します。

System_CAPS_puboperatorSystem_CAPS_staticSubtraction(DateTimeOffset, TimeSpan)

指定した日付と時刻から指定した時間間隔を減算して、新しい日付と時刻を作成します。

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIComparable.CompareTo(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 現在の値と比較する DateTimeOffset オブジェクトと同じ型の別のオブジェクト。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDeserializationCallback.OnDeserialization(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 オブジェクトの逆シリアル化の完了後に実行します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 設定、 SerializationInfo オブジェクトに現在のシリアル化に必要なデータ DateTimeOffset オブジェクトです。

The T:System.DateTimeOffset structure includes a T:System.DateTime value, together with an P:System.DateTimeOffset.Offset property that defines the difference between the current T:System.DateTimeOffset instance's date and time and Coordinated Universal Time (UTC). Because it exactly defines a date and time relative to UTC, the T:System.DateTimeOffset structure does not include a Kind member, as the T:System.DateTime structure does. It represents dates and times with values whose UTC ranges from 12:00:00 midnight, January 1, 0001 Anno Domini (Common Era), to 11:59:59 P.M., December 31, 9999 A.D. (C.E.).

The time component of a T:System.DateTimeOffset value is measured in 100-nanosecond units called ticks, and a particular date is the number of ticks since 12:00 midnight, January 1, 0001 A.D. (C.E.) in the T:System.Globalization.GregorianCalendar calendar. A T:System.DateTimeOffset value is always expressed in the context of an explicit or default calendar. Ticks that are attributable to leap seconds are not included in the total number of ticks.

System_CAPS_noteメモ

   If you are working with a ticks value that you want to convert to some other time interval, such as minutes or seconds, you should use the F:System.TimeSpan.TicksPerDay, F:System.TimeSpan.TicksPerHour, F:System.TimeSpan.TicksPerMinute, F:System.TimeSpan.TicksPerSecond, or F:System.TimeSpan.TicksPerMillisecond constant to perform the conversion. For example, to add the number of seconds represented by a specified number of ticks to the P:System.DateTimeOffset.Second component of a T:System.DateTimeOffset value, you can use the expression dateValue.Second + nTicks/Timespan.TicksPerSecond.

Although a T:System.DateTimeOffset value includes an offset, it is not a fully time zone-aware data structure. While an offset from UTC is one characteristic of a time zone, it does not unambiguously identify a time zone. Not only do multiple time zones share the same offset from UTC, but the offset of a single time zone changes if it observes daylight saving time. This means that, as soon as a T:System.DateTimeOffset value is disassociated from its time zone, it can no longer be unambiguously linked back to its original time zone.

Because T:System.DateTimeOffset is a structure, a T:System.DateTimeOffset object that has been declared but not otherwise initialized contains the default values for each of its member fields. This means that its P:System.DateTimeOffset.DateTime property is set to F:System.DateTimeOffset.MinValue and its P:System.DateTimeOffset.Offset property is set to F:System.TimeSpan.Zero.

You can create a new T:System.DateTimeOffset value by calling any of the overloads of its constructor, which are similar to the overloaded constructors for the T:System.DateTime structure. You can also create a new T:System.DateTimeOffset value by assigning it a T:System.DateTime value. This is an implicit conversion; it does not require a casting operator (in C#) or call to a conversion method (in Visual Basic). You can also initialize a T:System.DateTimeOffset value from the string representation of a date and time by calling a number of static string parsing methods, which include Overload:System.DateTimeOffset.Parse, Overload:System.DateTimeOffset.ParseExact, Overload:System.DateTimeOffset.TryParse, and Overload:System.DateTimeOffset.TryParseExact.

The members of the T:System.DateTimeOffset structure provide functionality in the following areas:

  • Date and time arithmetic.

    You can add or subtract either dates or time intervals from a particular T:System.DateTimeOffset value. Arithmetic operations with T:System.DateTimeOffset values, unlike those with T:System.DateTime values, adjust for differences in time offsets when returning a result. For example, the following code uses T:System.DateTime variables to subtract the current local time from the current UTC time. The code then uses T:System.DateTimeOffset variables to perform the same operation. The subtraction with T:System.DateTime values returns the local time zone's difference from UTC, while the subtraction with T:System.DateTimeOffset values returns F:System.TimeSpan.Zero.

    using System;
    
    public class DateArithmetic
    {
       public static void Main()
       {
          DateTime date1, date2;
          DateTimeOffset dateOffset1, dateOffset2;
          TimeSpan difference;
    
          // Find difference between Date.Now and Date.UtcNow
          date1 = DateTime.Now;
          date2 = DateTime.UtcNow;
          difference = date1 - date2;
          Console.WriteLine("{0} - {1} = {2}", date1, date2, difference);
    
          // Find difference between Now and UtcNow using DateTimeOffset
          dateOffset1 = DateTimeOffset.Now;
          dateOffset2 = DateTimeOffset.UtcNow;
          difference = dateOffset1 - dateOffset2;
          Console.WriteLine("{0} - {1} = {2}", 
                            dateOffset1, dateOffset2, difference);
          // If run in the Pacific Standard time zone on 4/2/2007, the example
          // displays the following output to the console:
          //    4/2/2007 7:23:57 PM - 4/3/2007 2:23:57 AM = -07:00:00
          //    4/2/2007 7:23:57 PM -07:00 - 4/3/2007 2:23:57 AM +00:00 = 00:00:00                        
       }
    }
    
  • Type conversion operations.

    You can convert T:System.DateTimeOffset values to P:System.DateTimeOffset.DateTime values and vice versa.

  • Time manipulation and extraction operations.

    You can extract either the date or the time of a T:System.DateTimeOffset value. You can also retrieve the value of a particular T:System.DateTimeOffset component, such as its year or its month.

  • Date and time conversion.

    You can convert any T:System.DateTimeOffset value to another T:System.DateTimeOffset value that represents the same point in time in another time zone. However, a time zone's adjustment rules are applied only in the case of the M:System.DateTimeOffset.ToLocalTime method, which converts a T:System.DateTimeOffset value to the date and time in the local system zone.

  • Date and time comparison.

    You can determine whether any particular T:System.DateTimeOffset value is earlier than, the same as, or later than another T:System.DateTimeOffset value. Before the comparison is performed, all values are converted to UTC.

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
2.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: