この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DateTime.Now プロパティ

 

公開日: 2016年10月

コンピューター上の現在の日時を現地時刻で表した DateTime オブジェクトを取得します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static DateTime Now { get; }

プロパティ値

Type: System.DateTime

現在の現地日時を値として保持するオブジェクト。

Now プロパティから返される、DateTimeを現在の日付とローカル コンピューターの時刻を表す値です。 違いがあることに注意してください、DateTimeを 0001 年 1 月 1 日の午前 0 時から経過したタイマー刻みの数を表す値の文字列表現とDateTime値で、カルチャに固有の仕様に固有の書式で日付と時刻の値を表します。 日付と時刻の書式設定の値については、次を参照してください。、ToStringメソッドです。 次の例では、さまざまなカルチャ固有の形式で、短い形式の日付と時刻の文字列が表示されます。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      DateTime localDate = DateTime.Now;
      String[] cultureNames = { "en-US", "en-GB", "fr-FR",
                                "de-DE", "ru-RU" };

      foreach (var cultureName in cultureNames) {
         var culture = new CultureInfo(cultureName);
         Console.WriteLine("{0}: {1}", cultureName,
                           localDate.ToString(culture));
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       en-US: 6/19/2015 10:03:06 AM
//       en-GB: 19/06/2015 10:03:06
//       fr-FR: 19/06/2015 10:03:06
//       de-DE: 19.06.2015 10:03:06
//       ru-RU: 19.06.2015 10:03:06

このプロパティの解決は、Windows システムでは、約 15 ミリ秒であるシステム タイマーに依存します。その結果への呼び出しを繰り返す、Now短時間の間隔中、ループなどのプロパティが同じ値を返すことがあります。

Now プロパティは、パフォーマンスの測定に頻繁に使用します。 ただし、その低解像度、ため、ベンチマーク ツールとして使用するのに適したはありません。 優れた代替手段は、使用する、Stopwatchクラスです。

以降、.NET Framework version 2.0 では、戻り値は、DateTimeKindプロパティから返されるDateTimeKind.Localです。

System_CAPS_noteメモ

使用することも、DateTimeOffset.Nowプロパティを現在の日付と時刻を取得します。 これにより、現地時刻を時刻で、さらによって時刻値をポータブル コンピューター間で単一ポイントとして明確に表現できます。

次の例では、NowUtcNow(UTC) 日付と時刻に調整される現在のローカルの日付と時刻と現在の世界を取得するプロパティです。 値を持つと共に、文字列を表示するカルチャの数値の書式指定規則を使用して、そのKindプロパティです。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      DateTime localDate = DateTime.Now;
      DateTime utcDate = DateTime.UtcNow;
      String[] cultureNames = { "en-US", "en-GB", "fr-FR",
                                "de-DE", "ru-RU" } ;

      foreach (var cultureName in cultureNames) {
         var culture = new CultureInfo(cultureName);
         Console.WriteLine("{0}:", culture.NativeName);
         Console.WriteLine("   Local date and time: {0}, {1:G}",
                           localDate.ToString(culture), localDate.Kind);
         Console.WriteLine("   UTC date and time: {0}, {1:G}\n",
                           utcDate.ToString(culture), utcDate.Kind);
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       English (United States):
//          Local date and time: 6/19/2015 10:35:50 AM, Local
//          UTC date and time: 6/19/2015 5:35:50 PM, Utc
//
//       English (United Kingdom):
//          Local date and time: 19/06/2015 10:35:50, Local
//          UTC date and time: 19/06/2015 17:35:50, Utc
//
//       français (France):
//          Local date and time: 19/06/2015 10:35:50, Local
//          UTC date and time: 19/06/2015 17:35:50, Utc
//
//       Deutsch (Deutschland):
//          Local date and time: 19.06.2015 10:35:50, Local
//          UTC date and time: 19.06.2015 17:35:50, Utc
//
//       русский (Россия):
//          Local date and time: 19.06.2015 10:35:50, Local
//          UTC date and time: 19.06.2015 17:35:50, Utc

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: