このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DateTime.FromFileTimeUtc メソッド

メモ : この名前空間、クラス、およびメンバは、.NET Framework Version 1.1 だけでサポートされています。

指定したオペレーティング システムのファイルのタイムスタンプと等しい DateTime を、世界協定時刻 (UTC) に調整して返します。

Public Shared Function FromFileTimeUtc( _
   ByVal fileTime As Long _
) As DateTime
[C#]
public static DateTime FromFileTimeUtc(
 long fileTime
);
[C++]
public: static DateTime FromFileTimeUtc(
 __int64 fileTime
);
[JScript]
public static function FromFileTimeUtc(
   fileTime : long
) : DateTime;

パラメータ

fileTime
タイマ刻み単位で表した Windows ファイルの時刻。

戻り値

fileTime の日付と時刻を世界協定時刻 (UTC) に調整した値である DateTime

例外

例外の種類 条件
ArgumentOutOfRangeException fileTime が 0 未満です。

解説

fileTime は、Windows ファイルのタイムスタンプを表す 64 ビット符号付き整数値です。このタイムスタンプは、A.D. (西暦紀元) 1601 年 1 月 1 日の世界協定時刻 (UTC) 午前 12:00 から経過した 100 ナノ秒間隔の数です。 FromFileTimeUtc メソッドは、A.D. (西暦紀元) 1 月 1 日の午前 12:00 を基準とする fileTime を返します。

必要条件

プラットフォーム: Windows 98, Windows NT 4.0, Windows Millennium Edition, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ, .NET Compact Framework - Windows CE .NET

参照

DateTime 構造体 | DateTime メンバ | System 名前空間 | ToUniversalTime | GetUtcOffset | FromFileTime

表示:
© 2015 Microsoft