この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DateTime.FromFileTimeUtc メソッド (Int64)

 

公開日: 2016年10月

指定された Windows ファイル時刻を同等の UTC 時刻に変換します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static DateTime FromFileTimeUtc(
	long fileTime
)

パラメーター

fileTime
Type: System.Int64

タイマー刻み単位で表した Windows ファイルの時刻。

戻り値

Type: System.DateTime

fileTime パラメーターによって表された日時に相当する UTC 時刻を表すオブジェクト。

Exception Condition
ArgumentOutOfRangeException

fileTime が 0 未満か、MaxValue を超える時刻を表しています。

Windows ファイル時刻は、西暦 1601 年 1 月 1 日深夜 12時 00分以降の経過時間を 100 ナノ秒間隔の数を表す 64 ビット値(西暦)世界協定時刻 (UTC)。 Windows では、アプリケーションの作成、アクセスすると、またはファイルに書き込むときを記録するファイルの時刻を使用します。

fileTimeパラメーターは 100 ナノ秒タイマー刻み単位で表したファイルの時刻を指定します。

以降、.NET Framework version 2.0 では、戻り値は、DateTimeKindプロパティはUtcします。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: