この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ProxyDataContractResolver クラス

このクラスは、永続化に依存しないデータ クラス用に作成されたプロキシ型を、永続化に依存しないオブジェクトの実際の型に解決するのに役立ちます。

System.Object
  System.Runtime.Serialization.DataContractResolver
    System.Data.Objects.ProxyDataContractResolver

名前空間:  System.Data.Objects
アセンブリ:  System.Data.Entity (System.Data.Entity.dll 内)

public class ProxyDataContractResolver : DataContractResolver

ProxyDataContractResolver 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドProxyDataContractResolver ProxyDataContractResolver クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeオブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドResolveName逆シリアル化時に、xsi:type 情報を永続化に依存しないオブジェクトの実際の型に対応付けます。 (DataContractResolver.ResolveName(String, String, Type, DataContractResolver) をオーバーライドします。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドTryResolveTypeシリアル化時に、実際の型を xsi:type 情報に対応付けます。 (DataContractResolver.TryResolveType(Type, Type, DataContractResolver, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString) をオーバーライドします。)
このページのトップへ

ProxyDataContractResolver クラスは、DataContractSerializerと共に使用されます。

.NET Framework

サポート対象: 4

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
表示: