このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

DataColumn.ColumnMapping プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

列の MappingType を取得または設定します。

名前空間 :  System.Data
アセンブリ :  System.Data (System.Data.dll 内)

'宣言
Public Overridable Property ColumnMapping As MappingType
'使用
Dim instance As DataColumn
Dim value As MappingType

value = instance.ColumnMapping

instance.ColumnMapping = value
/** @property */
public MappingType get_ColumnMapping()
/** @property */
public  void set_ColumnMapping(MappingType value)

public function get ColumnMapping () : MappingType
public function set ColumnMapping (value : MappingType)

プロパティ値

型 : System.Data.MappingType
MappingType 値の 1 つ。

ColumnMapping プロパティは、WriteXml メソッドを使用して DataSet を XML ドキュメントとして保存した場合に DataColumn を変換する方法を決定します。

たとえば、DataColumn が "customerID" という名前で、ColumnMapping プロパティが MappingType.Element に設定されている場合は、列値から次の XML が生成されます。

 <Customers>
  <customerID>ALFKI</customerID>
 ......
  </Customers>
  <Orders>
  <OrderID>12345</OrderID>
  <customerID>ALFKI</customerID>
 ......
  </Orders>

ただし、この同じ列を MappingType.Attribute に変換すると、次の XML が生成されます。

 <Customers customerID="ALFKI"........more attributes.....>
  <Order orderID="1234"....more attributes..../>
  <Order orderID="1234"....more attributes..../>
 ...... More orders for this customer
  </Customers>

DataColumnDataSet を XML ドキュメントに変換した場合にその列を変換する方法を指定するには、引数 type を指定した DataColumn コンストラクタを使用します。

ColumnMapping プロパティは、コンストラクタの引数 type に対応しています。

新しい DataColumnColumnMapping 型プロパティを設定する例を次に示します。

Private Sub AddColumn(table As DataTable )
    ' Create a new column and set its properties.
    Dim column As DataColumn = New DataColumn("ID", _
        Type.GetType("System.Int32"), "", MappingType.Attribute)
    column.DataType = Type.GetType("System.String")
    column.ColumnMapping = MappingType.Element

    ' Add the column the table's columns collection.
    table.Columns.Add(column)
End Sub


Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98, Windows CE, Windows Mobile for Smartphone, Windows Mobile for Pocket PC, Xbox 360

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 3.5、2.0、1.0

XNA Framework

サポート対象 : 1.0
表示: